支部紹介

日本システム監査人協会 近畿支部は、システム監査の普及と、システム監査人の育成、認定、監査技法の維持・向上をはかり、よって、健全な情報化社会の発展に寄与することを目的として、おもに近畿地区を中心に活動を行っています。

特定非営利活動法人として、社会教育の推進を図る活動や国際協力の活動、また、そういった活動を行う団体の運営や活動に関する連絡、助言、援助の活動を行っています。

具体的な項目としては、以下のような活動を行っています。

  1. ・システム監査に関する啓発・広報活動
  2. ・システム監査の事例・技法等に関する調査・研究
  3. ・システム監査に関する研究会・講習会の開催と援助
  4. ・システム監査人の養成及び継続育成教育
  5. ・システム監査人の認定制度の運営
  6. ・システム監査人行動基準・倫理規定の策定と維持

また、特定非営利活動法人 日本システム監査人協会としての目的を達成するために必要な活動を行っています。

※協会の事業概要については、こちらをご参照下さい。

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 近畿支部
支部長  林 裕正

本法人は、前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

(1)社会教育の推進を図る活動
(2)国際協力の活動
(3)前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(事業の種類)
第5条本法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。

(1)システム監査に関する啓発・広報活動
(2)システム監査の事例・技法等に関する調査・研究
(3)システム監査に関する研究会・講習会の開催と援助
(4)システム監査人の養成及び継続育成教育
(5)システム監査人の認定制度の運営
(6)システム監査人行動基準・倫理規定の策定と維持
(7)その他、本法人の目的を達成するために必要な事項