2.定例研究会

会員番号 0655 荒牧 裕一(近畿支部)

1.テーマ 「医療機関における事業継続計画(BCP)と実践的訓練から学ぶリスクマネジメント」
2.講師    行政書士、危機管理士1級、医療経営士
 伊藤 聖子氏
3.開催日時  2019年5月17日(金) 18:30~20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要

組織の事業継続を揺るがす要因には、大規模な事故や自然災害だけでなく普段の業務でも起こり得るトラブルも数多くある。その中で、医療機関でのリスクマネジメントは外部とのかかわり(連携先やステークホルダー、法的制限など)で災害時と平時での対応を変える必要もあり、他業種にも通ずるリスクコントロールも多い。本講演では、医療機関でのリスクマネジメントについて、神戸市内の診療所の事例に基づき説明していただいた。

(1)医療機関がかかえるリスクとは~BCP策定の準備~

リスクには、自然災害、感染症、法令・規則改正等の自ら防ぐことが出来ないものがある一方、情報漏洩、医療過誤、風評、安全配慮等の自ら防ぐことが出来るものもある。後者については確実に防ぐ対策が必要である。また、リスクを考え対策をするためには、「発生確率×影響度」に加え、「脆弱性(組織の体力)+リスクが顕在化する速度」も考慮しなければならない。
BCP策定の準備段階では、まず行動に移すための情報提供を行う。これについては、スタッフに安心感を与え「理解」を求めるために行う概要説明と、BCPを導入するためのWhat、Why、Howを伝えて「共感」を得るために行う勉強会を実施した。

(2)医療機関で行ったリスクの洗い出し

自然災害については、南海トラフ地震の被害想定や、行政が公開している大雨での川の氾濫予想等を活用する他、地域の他の医療機関数や住民数からどのくらいの患者を受け入れなければいけないかについても算定した。また、リスク対応において最優先されるのは命を守ることであるが、患者や自分の安全だけでなく、自宅の家族の安全が確保されないと従業員に出勤させることは難しいといった点にも留意する。
さらに、ボトムアップで現場の声を聴くためにアンケートを行った。「何が困りますか?」「解決策は何が考えられますか?」を記入するカードを配布して無記名でできるだけ多く記入してもらい、集まった意見について、予めできる準備と被災直後からの動きに分けて優先順位を付けながら取りまとめて表にした。このボトムアップによる気づきから、トップの知らない部分が見えてくる。

(3)リスク対策に実効性を持たせる

実効性を持たせるための主なポイントは次のとおりである。①「いつまで?」「どれくらい?」を定数化する。②できる対策から進める(倒れやすい物の固定、備品・持ち出し袋の準備、閉じ込め防止等)。③家族のサポートも始める。これはスタッフの参集率を高めたり、BCPへの協力度を強めるのにも有効である。

(4)考えなくてもよい仕組み

脳科学を取り入れて災害時に考えなくても良い仕組みを構築した。「発生直後からのアクションシート」は、シートのタイムラインに従って皆が同じ方向に進むためのツールである。「アクションカード」は、頭が真っ白になってもこれを上から実行すれば良いようにまとめたチェックシートである。

(5)実践的訓練から読み取る

災害を想定した実践的訓練を複数回実施し、平時と災害時の違いから知識と対応の幅を学んだ。訓練では役職ごとでチェックすべき項目をチェックポイントとしてまとめ事前に提示した。訓練後には振り返りで気づく反省をアンケートに記載してもらって情報共有し、次回の訓練に活かせるようにした。また、2回目以降はトリアージの実施、薬局との連携等を加えるなど、訓練内容も少しレベルアップさせていった。訓練実施直後はスタッフは「前回よりも上手くいった」と感じていたが、後から他人が検証するとレベルダウンしてた点もあったりした。

(6)瀬戸際でも法令遵守か

災害時での医療機関の対応については、保険診療等に関する法令等との関係も考慮しなければならない。例えば、災害時に保険証やお金を持たない患者を診察した場合には基金から10割の診療報酬が出るが、それには一定の条件が付くこともあり、その通達を待っていては対応が遅れてしまう。また、災害医療であっても患者への対応基準が緩められるわけではなく、事後に医療訴訟を起こされた事例もある。

(7)レジリエンス力を高めるためにすべきこと

リスクへの対処で大切なことは次のとおりである。①応用力のある人材育成を行い権限委譲する。②想定外に対応するために手引きやマニュアルを策定し定期的な更新をする。③危機対応は自社だけの問題ではないため関係機関との連携力を高める。
なお、デロイトトーマツ企業リスク研究所が行った、危機に直面した時の成功要因に関するアンケート調査によれば、過去に危機を経験していない企業の1~3位は「事前の準備(規程整備・訓練など)ができていた」「事前の組織の枠組み(危機対策本部設置など)ができていた」「情報収集・伝達ルートと収集情報の分析・判断のルールが整備されていた」であったのに対し、危機経験のある企業の1~3位は「トップのリーダーシップ、トップダウンでの迅速な意思決定」「初動で潜在的影響を過小評価せず、迅速に必要な資源を投入した」「トップダウン方針に従った現場のアクションがとられた」と、大きな違いを見せた。現実の危機時には、事前の準備だけでなく、トップダウン方式による迅速な対応が重要であったことが伺える。

6.所感

講師は、現在、医療機関でBCP策定(更新)及びリスク管理のための勉強会や、災害時対応を想定した訓練の企画・実施のサポート等をされており、SAAJ近畿支部のBCP研究プロジェクトの中核メンバーとしても活躍中である。これらの豊富な経験を基にした講演は非常に具体的であり、システムの運用業務等でも役立つノウハウが多かった。例えば「災害時に自宅の家族の安全が確保されないと従業員に出勤させることは難しい」といったポイントは実践からでないと得られないノウハウであり、非常に参考になった。

以上

会員番号 0645 是松 徹 (近畿支部)

1.テーマ  「働き方改革におけるシステム監査の有用性」
2.講 師  株式会社ディレクタイズ エグゼクティブコンサルタント
島崎 智久 氏
米国公認会計士・社会保険労務士・システム監査技術者
3.開催日時 2019年3月15日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 1710 小河 裕一(近畿支部)

1.テーマ 「マイナンバー制度により進行する社会の変容の実際とシステム監査」
2.講師    特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 顧問、近畿支部 参与
システム監査技術者、公認システム監査人
 吉田 博一氏
3.開催日時  2019年1月18日(金) 19:00~20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 1324 椋野 誠司(近畿支部)

1.テーマ 「ガバナンスを考える
         -企業社会でのガバンスと多様な健全化対策の位置付け-」
2.講師    大阪成蹊大学名誉教授 大阪経済法科大学客員教授
        大阪市立大学大学院都市経営研究科非常勤講師
        松田 貴典 様
3.開催日時  2018年12月15日(土) 15:00~17:00
4.開催場所  大阪大学中之島センター 3階 講義室301
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 0807 浦上 豊蔵(近畿支部)

1.テーマ  「保証型システム監査の実施方法に関する考察
~特定個人情報保護評価書を活用した保証型システム監査の可能性について~」

2.講 師  株式会社バックス 代表取締役、NPO情報システム監査普及機構 理事
       上級システムアドミニストレータ、公認システム監査人
        金子 力造 氏
3.開催日時 2018年11月16日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 1428 中田 和男(近畿支部)

1.テーマ 「公会計の複式簿記・発生主義会計がスタート。そのシステム監査上の課題は?」
2.講師    ジョイント・ホールディングス(株)IFRSグループ・ディレクター
公認システム監査人、公共政策・IFRSコンサルタント、行政書士 田淵 隆明氏
3.開催日時  2018年5月19日(土) 15:00~17:00
4.開催場所  大阪大学中之島センター 7階 講義室702
5.講演概要  2018年度より地方自治体の複式簿記・発生主義会計がスタートしたことに伴い、そのシステム監査上の課題を具体的な自治体例を取り上げながら分析する。

<講演内容> 詳細はこちら

会員番号 0655 荒牧 裕一(近畿支部)

1.テーマ  「【JIS Q 15001:2017】~SAAJ個人情報保護監査研究会の考察~」
2.講師    認定NPO日本システム監査人協会 副会長
        個人情報保護監査研究会主査、プライバシーマーク主任審査員
        斎藤 由紀子 氏
3.開催日時  2018年3月16日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 2階 講義室201

5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 2508 藤原 敏宏

1.テーマ 「地方自治体におけるICT監査の現状と課題」
2.講師 大阪市 行政委員会事務局 監査部  ICT監査担当課長 片岡 学 氏
3.開催日時 2018年1月19日(金) 19:00〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 0645 是松 徹 (近畿支部)

1.テーマ 「プログラミング教育の現在・過去・未来」
2.講師 大阪電気通信大学 総合情報学部長 教授 魚井 宏高 様
3.開催日時 2017年11月17日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号2531 岩崎 真明

1.テーマ  「サイバー空間を取り巻く現状と課題、サーバーセキュリティ政策について」
2.講師    内閣サイバーセキュリティセンター 山下 浩司 氏
3.開催日時  2017年12月16日(土) 15:00~17:00
4.開催場所  SMGアクシア 四ツ橋・近商ビル館 10A
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号 1710 小河 裕一

1.テーマ 「仮想通貨とブロックチェーン技術の現状と課題」
2.講師   京都聖母女学院短期大学 生活科学科 准教授 荒牧 裕一氏
3.開催日時 2017年9月15日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 1818 福本 洋一

1.テーマ 「中小製造業のグローバル化プロジェクト」
~異文化コミュニケーションから見た海外拠点のガバナンス~
2.講師   グローバル人材育成センター アドバイザー 坂口 幸雄 氏
3.開催日時 2017年7月21日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 0620 小山 正弘

1.テーマ 「公会計とシステム監査」及び
「某基礎自治体におけるシステム・トラブル対応の進展」
2.講師 ジョイント・ホールディングス(株)IFRSグループ・ディレクター
公認システム監査人、公共政策・IFRSコンサルタント
田淵 隆明氏
3.開催日時 2017年6月17日(土)15:00~17:00
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 2606坂野 嘉則 (近畿支部)

1.テーマ 「事業継続マネジメント(BCM)の本質とは?」
2.講師   株式会社マネジメント総研 代表取締役 小山 俊一氏
3.開催日時 2017年5月19日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 1709 荒町 弘

1.テーマ 「事業継続計画(BCP)の概要とIT-BCPについて」
2.講師 京セラ株式会社 本社 経営推進統括部 経営企画部 事業継続計画課責任者 野原 英則 氏
3.開催日時 2017年3月17日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 0645 是松 徹 (近畿支部)

1.テーマ 「これまでのシステム監査からこれからのシステム監査を考える」
      ~事故、犯罪、法制度の歴史的課題からICT時代のシステム監査を考察する~
2.講師 大阪成蹊大学 名誉教授  大阪経済法科大学 客員教授 松田貴典氏
  博士(国際公共政策)/技術士(情報工学)/公認システム監査人
3.開催日時 2017年1月20日(金) 19:00〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 0645 是松 徹 (近畿支部)

1.テーマ 「情報科学教育の現状について ~高等学校から経営者まで~」
2.講師 株式会社メトリックス 代表取締役 松井 亮宏 氏
(公認システム監査人(CISA)、システム監査技術者)
3.開催日時 2016年11月18日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 4階 講義室405
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 2520 松本 拓也

1.テーマ 「個人番号カードの多目的利用の課題と展望」
2.講師 近畿大学 経営学部 教授 津田 博 氏
3.開催日時 2016年9月16日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

 

  定例研究会・勉強会のご紹介

 

 

 SAAJ近畿支部では、会員の相互研鑽を主目的とした定例研究会やシステム監査勉強会を、
 定期的に開催しています。皆様のご参加をお待ちしています。

 

定例研究会

・システム監査に関連したテーマでの、講演形式の会合です。
・日本システム監査人協会の会員以外も参加できます。
・実施報告は日本システム監査人協会の会報(月1回発行)に掲載されます。
 また同近畿支部サイトでも公開されます。
・講演後に、講師の方にもご参加頂き情報交換会を開催します。
 有益な情報入手や人脈形成にご活用ください。
・取り上げて欲しいテーマ、講演者の希望、講演の自薦等がございましたら、
 ここから連絡ください。【この項目のみ会員限定】
 

システム監査勉強会

・システム監査に関連したテーマでの、VideoLearning形式の会合です。
 過去数か月間に開催された、日本システム監査人協会本部(東京)での講演の中から、
 いくつかをセレクトし聴講頂きます。
・日本システム監査人協会の会員以外も参加できます。
・都合により、講演形式等に変更する場合があります。
 

(最終更新日:2016年10月14日)

会員番号 0645 是松 徹

1.テーマ 「医療情報システム監査の意義と今後の情報部門の役割について」
〜病院間相互監査&ワークショップセミナーの取り組みを通して~
2.講師 池田市地域活性課 課長 藤本 智裕 氏
(前:市立池田病院経営企画室 室長)
3.開催日時 2016年7月15日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 2591 近藤 博則

1.テーマ 「事例に学ぶ情報漏えい事故とそのセキュリティ対策〜情報セキュリティ監査のポイント」
2.講師 NTT西日本ビジネス営業本部 クラウドソリューション部 セキュリティサービスグループ 主査 粕淵 卓 氏
3.開催日時 2016年5月20日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 0645 是松 徹

1.テーマ 「会計・税制改正を巡るシステム監査のあり方」
2.講師 ジョイント・ホールディングス(株)IFRSグループ・ディレクター、 公認システム監査人、公共政策・IFRSコンサルタント 田淵 隆明様
【特別ゲスト】
駒沢大学・和光大学・愛知県立大学非常勤講師  (立命館大学でも毎年リレー講義担当)・東京大学法学博士  石川 公彌子(くみこ)様
3.開催日時 2016年3月19日(金) 18:30〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 3階 講義室301
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号 2591 近藤 博則

1.テーマ 「システム監査の多様性について」
2.講師 システム監査人協会 近畿支部  林 裕正 氏
3.開催日時 2016年1月15日(金) 19:00〜20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要 詳細はこちら

会員番号1380 植垣 雅則

1.テーマ   「DevOpsの基礎」 ビジネス駆動なムーブメントによる戦略的なIT
2.講師    アトラシアン株式会社
           シニアエバンジェリスト 長沢 智治(ながさわ ともはる)氏
3.開催日時  2015年12月19日(土) 15:00~17:00
4.開催場所  大阪大学中之島センター 3階 講義室304

5.講演概要

詳細はこちら

会員番号2482 岸川 信二

1.テーマ   「標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の現状と対策」
2.講師    有限責任監査法人トーマツ
アドバイザリー事業本部 エンタープライズリスクサービス
シニアマネジャー 植垣 雅則氏(本協会近畿支部会員)
3.開催日時  2015年11月20日(金) 18:30~20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 2階 講義室201

5.講演概要

詳細はこちら

近畿支部主催の研究会、勉強会、セミナー等は、下記リンクの最新情報からお申し込み下さい。

newhttp://www.saaj.or.jp/shibu/kinki.html

会員番号1779 山本 全

1.テーマ :「ツールが無くてもここまでできるSAP ERP内部統制監査」
2.講 師 :三洋電機株式会社 品質・業務推進センター IT統制推進部
       浦上豊蔵 氏、梅谷正樹 氏、下田あずさ 氏、木ノ原真由美 氏、中川昭仁 氏
3.開催日時:2015年9月18日(金) 18:30~20:30
4.開催場所:大阪大学中之島センター 7階 講義室702
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号1709 荒町 弘

1.テーマ   (1)「ソフトウェア著作権研究プロジェクト最終報告」
        (2)「システム監査の多様性研究プロジェクト(システム監査学会)報告」
2.講師    京都聖母女学院短期大学 生活科学科 准教授 荒牧裕一 氏
         (本協会近畿支部会員、システム監査学会理事)
3.開催日時  2015年7月17日(金) 18:30~20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 7階 講義室703
5.講演概要

詳細はこちら

会員番号0645: 是松徹

1.テーマ  :「失敗したITプロジェクトの真の原因に迫るマンダラ図の紹介」
2.講師   :公認システム監査人 松井 秀雄氏
3.開催日時 :2015年5月15日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 :大阪大学中之島センター3階 講義室301
5.講演概要 :
詳細はこちら

会員番号169: 林 裕正

1.テーマ   消費税の複数税率化の動向とシステム監査
2.講師    ジョイント・ホールディングス(株)IFRSグループ・ディレクター  システム監査技術者・公認システム監査人  田淵隆明氏
3.開催日時  2015年3月20日(金) 18:30~20:30
4.開催場所  大阪大学中之島センター 講義室201
5.講演概要
詳細はこちら

日本システム監査人協会 近畿支部では、システム監査に従事されている方、システム監査にご興味のある方、また支部活動を支援して下さる方を広く募集しております。

詳しくは、こちらよりお問合せください。


[counter 2010.01~]
本日アクセス数:76
累計アクセス数:177821
本日訪問者:28
累計訪問者:25122
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031