7.メールマガジン

 

SAAJ近畿支部メルマガのアーカイブを公開しています。
(一部、メルアドを伏字にしています)

○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.030(2017/05予定)- ●●●○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.029(2017/03)- ●●○● New!
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.028(2017/01)- ●●○○ 
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.027(2016/11)- ●○●●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.026(2016/09)- ●○●○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.025(2016/07)- ●○○●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.024(2016/05)- ●○○○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.023(2016/03)- ○●●●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.022(2016/01)- ○●●○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.021(2015/11)- ○●○●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.020(2015/09)- ○●○○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.019(2015/07)- ○○●●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.018(2015/05)- ○○●○
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.017(2015/03)- ○○○●
○○○●【SAAJKメルマガ】-Vol.016(2015/01)- ○○○○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.015(2014/11)- ●●●●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.014(2014/09)- ●●●○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.013(2014/07)- ●●○●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.012(2014/05)- ●●○○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.011(2014/03)- ●○●●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.010(2014/01)- ●○●○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.009(2013/11)- ●○○●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.008(2013/09)- ●○○○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.007(2013/07)- ○●●●
○○○○【SAAJKメルマガ】 臨時増刊号!-Vol.006(2013/06)- ○●●○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.005(2013/05)- ○●○●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.004(2013/03)- ○●○○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.003(2013/01)- ○○●●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.002(2012/11)- ○○●○
○○○○【SAAJKメルマガ】 創刊号! -Vol.001(2012/09)- ○○○●

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第29号

┌ 発行日:2017年03月03日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 事実と真実
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 本部会報掲載情報
・お知らせ……………… 年会費納入のお願い/他
・編集後記……………… ご愛読に感謝!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「事実と真実」:植垣雅則

本稿執筆の時点で、トランプ氏が大統領に就任して半月近くが過ぎ
ようとしている。氏が次々と実行する政策が、米国だけでなく世界
中で様々な論争を巻き起こしている。政策の是非はさておき、少し
時計の針を戻し大統領選挙投票前のことを考えてみたい。

選挙運動の最中は、マスコミ報道や世論調査結果のいずれもがヒラ
リー氏の優勢を伝えており、多くの人が氏の勝利を予想していた。
しかし、実際にはトランプショックとも言われる驚きの結果となっ
た。これを受けて、選挙前の世論調査などが何故実態と乖離してい
たかの分析が多くなされた。隠れトランプ支持者が多くいたこと以
外に、マスコミの多くがヒラリー氏を支持し、世論調査の方法や結
果の補正に恣意性があったことが一因とも言われている。

人はときに自分の考えに囚われ、固執する傾向がある。ビジネスに
おいても、「仮説」を立てるとそれに合う事実のみを選択し、恣意
的な解釈を行うことも時にある。事実は必ずしも一つとは限らず、
物事の見方や捉え方によっては異なることがある。例えば、ある物
体をある人は三角形だと言い、別の人は円形だと言う。二人の主張
は異なるが、どちらも「事実」であるという。どういうことか?そ
の「真実」はある物体とは円錐であり、横からは三角形、下からは
円形に見えるということである。つまり、「真実」は円錐であり、
その見方によって「事実」(形)が変わる訳である。

システム監査の実務においても、発見事項をどのように捉えるかは
難しいテーマである。「○○のID管理が不十分であり、誰でも容易
にアクセスできるおそれがある」などの監査指摘を見ることがある。
自らの知見をもとに「仮説」を立てることは大事であるが、仮説に
近い事象が見つかるとそれで安堵するのか、「誰でも」「何でも」
と言う表現で事実を捉え、そこで思考停止に陥っていると言える。
これでは、正確な事実をもとにしてリスクを具体的に落とし込むこ
とができず、問題の本質(真実)に到達する機会を失うことにもな
りかねない。

システム監査においては、「仮説」に基づく気になる点を端緒とし
て、事象を深掘りし、検討すべき事項を捉えることが問題発見の糸
口になる。システム監査人としては、その事象を様々な角度から分
析・評価することで、正確な「事実」を分かり易く伝え、相手が本
当の「真実」(=問題)に辿り着けるように貢献することを心掛け
たいものだ。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:荒町弘

・今後の予定は次の通りとなっています。

3月17日(金)第 165回 定例研究会(ご案内済)

4月15日(土)第 56回 システム監査勉強会(準備中)

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
(12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)

・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
(2017年 2月から、SAAJ会員も有料になっています)

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】

隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

2016/11 月開催分の報告を掲載しました。

・11月支部定例研究会報告 是松 徹氏
→ http://www.saajk.org/?p=4032

【研究論文/他】

発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「これまでのシステム監査からこれからのシステム監査を考える」
松田 貴典氏
→ http://www.saajk.org/?p=1930

【総会資料】
日本システム監査人協会近畿支部総会(2017/01/20開催)にて
承認されました資料について掲載しております。

・2017年度 事業計画
→ http://www.saajk.org/?=4038

【プロジェクト憲章】
2017年度各プロジェクトの活動計画について掲載しております。

・2017年度 プロジェクト憲章
→ http://www.saajk.org/?cat=7

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ『天鈿女』が本部会報に
掲載

芸能について、神話から最新ITとの関わりまで語られています。
時代の演者として姿を見せ始めたロボットや人工知能が、今後ど
のような「役」を演じるのか?神尾氏の好奇心はつきません。
(金子力造)

詳しくはこちらへ!(2017年2月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/kaiho/201702_SAAJKaihoNo191.pdf

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:福本洋一

すでに本年度(2017年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると
思いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込
金額により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。

○【他団体主催イベントでのSAAJK情報発信時の手続】:是松徹

日本システム監査人協会以外の外部団体から、同近畿支部へ組織
や活動の紹介についての講演等のオファーがあった場合は、積極
的な情報発信を推奨・支援します。その際の要件・手続を定めま
した。

→ http://www.saajk.org/?cat=163

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

(あ)です。今回は趣向を変え、新年号への巻頭言について、メル
マガ読者の安本哲之助様( SAAJK参与)からの”ファンレター”を
紹介させて頂きます。

***** ここから *****

新しい年をお子様たち 3人にかこまれ、こころからお祝い申し上げ
ます。ご多忙ななか、締め切りに追われた編集長の激務、ありがた
く存じております。

年をとるにつれ、だんだんと世の中の動きにうとくなりつつありま
す。みなさまから教えていただくことが糧になっています。

恒例にしておりました近所の寺の除夜の鐘つきは当初、行列が 4,5
人のつつましいものでしたが、昨今の「まちおこし」で町が変にテ
コ入れしたため、待ち行列は 1時間をこえるようになり、寒空でま
つのは骨身にこたえるので、もう断念しました。寺院の鐘はクラウ
ドサービスのように、簡単にスケールアウトできないものですね。

新年から桁あふれをする2055年を見据えた思考、恐れ入りました。
4案の 3色団子か。そのころにはメルマガもカラー化されているか
も。

高齢になりましたので、いつまで生涯現役と自負することができる
か不安もよぎる新年でした。

***** ここまで *****

このようなご意見を頂くと、非常に励みになります。メルマガ等の
ITSG活動を通じてSAAJ近畿支部を盛り立てたい、改めてそう感じて
気持ちを引き締めた新年の対話でした。(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで

q.お問い合わせ

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: contact@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第28号

┌ 発行日:2017年01月12日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 2055年の串団子
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
 ・編集後記……………… 他山の石
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「2055年の串団子」:下田あずさ
 
このメルマガの「メール件名(サブジェクト)」前後についた白や
黒の丸印。わがSAAJ近畿支部のITサービス Gメンバー間では、「串
団子」と呼んでいます。コンピュータの基本は「 0」と「 1」の世
界。白と黒の団子で「 0/1」を表現し、「号数の二進数表記」とし
て毎号、変化しています。
 
タイトルを挟んだ両側に串団子があり、第16号から右側のみでは表
現できなくなり、左側へも突入しています。メルマガアーカイブペ
ージにてタイトル一覧を眺めると、いつの間にかこれだけの号数が
積み重ねられてきたのだという感慨、そしてめくるめく白玉団子と
みたらし団子のコラボレーションに興奮します(お腹がすきます)。
 
さて読者の皆様もすでにお気付きかと存じます、いずれは左側も桁
あふれを起こすであろうという事実に。このままいくとちょうど38
年後、2055年に桁あふれしてしまいます。さてどうするか、ITサー
ビス Gメンバーみんなで考えてみました。
 
(案 1)○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)- ○○○●
 リセットして、もう一度、初めから。初心に戻る意味でもありか
も!でも、一見での既刊のメルマガとの識別がしにくくなる。識別
しにくい記号は、間違いを引き起こす元となる。
 
(案 2)【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)-
 思い切って無くしてしまう。寂しいし、ちょっと唐突かなぁ…何
より、ちょっと見て各号の見分けが面倒なのは問題。
 
(案 3)●○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)- ○○○●
 ビットを増やす?うーむ、IT屋が奇数ビットはどうだか。IPアド
レスや16進表記が一般的なITにおいて、偶数ビットで考えることは
基本ではないか。
 
(案 4)◎○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)- ○○○●
新たな団子に加えて、三色団子に?私事ですが編集長は昨年 7月に
第三子を出産、団子三姉弟を育成中。新たな記号を追加することに
より、改めてカウントを開始することが可能になる。個人的にはイ
チオシ!
 
(案 5)△△△△【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)- △△△▲
 三角形に変更して、串田楽に?三角は向きを変えることにより意
味を変化させることも出来そう。裏の意味として、多くの会員のみ
なさまにSAAJの活動に参画(!)してほしい、の想いを込めて。
 
(案 6)□□□□【SAAJKメルマガ】-Vol.256(2055/01)- □□□■
 ガラリと趣向を変えて、四角で。銭湯のタイル張りっぽい?シス
テム監査資格をお持ちのみなさま、資格だけに四角には敏感、なー
んて。
 
などなど。うーん、もう案はありませんか?
 
どう決めるにしろ、システム監査にも同様のことが言えますね。新
たな案の準備、次の一手の検討、準備の大切さ、など。先を見通す
意識で臨む、幅広い案から最善のものを選択する、常に本来の目的
を見失わないように検討する、等の姿勢は、監査人に必須の要件で
はないでしょうか。
 
さて本件は、未来の編集長への申し送り事項としましょう。まずは、
あけましておめでとうございます。本年もSAAJ近畿支部メルマガの
ご愛読をよろしくお願いいたします。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  1月20日(金)第 164回 定例研究会(ご案内済)
  ※支部総会に引き続き19時からの開催です。
 
  2月18日(土)第 55回 システム監査勉強会(準備中)
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
 会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2016/ 9 月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 9月支部定例研究会報告 松本拓也氏
 → http://www.saajk.org/?p=3949
 
 
 
【研究論文/他】
 
 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 
 ・「個人番号カードの多目的利用の課題と展望」
    津田 博氏
 
 ・「情報科学教育の現状について~経営者から高等学校まで~」
    松井 亮宏氏

 ・「スクラムと監査についての一考」
    近藤 博則氏
     ※今号メルマガの特集欄でも掲載しております
 
 ・「個人情報を巡る最新動向と企業に与える影響」
    福本 洋一氏
 
  → http://www.saajk.org/?p=1930
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の【時事論評】『パラダイムシフト
 と縮退するシステム監査人たち』が本部会報に掲載
 
 システム監査人が消えるたびに、システム監査の質が向上する-
 今後、AI(人工知能)に負けないためにシステム監査人が具備すべ
 き能力とは? 1年の計の今こそ熟読し惟る時かと。(阪口博一)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年12月号の会報 PDFが開きます)
 → https://www.saaj.or.jp/members/kaiho/201612_SAAJKaihoNo189.pdf
 
 
 
○SAAJ近畿支部会員の近藤博則氏が、西日本支部合同研究会にて
 「スクラムと監査についての一考」を発表
 
 2016年11月 5日~ 6日に島根県松江市で「日本システム監査人
 協会・西日本支部合同研究会」が開催されました。
 
 ・近藤氏の研究会での発表資料はこちらへ!
  → http://www.saajk.org/?p=1930
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
    :是松徹
 
 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
 アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)
 
 → http://www.saajk.org/?p=1633
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
【謹賀新年】:平成も29年に入り、昭和は遠くなりにけりとの感が
益々強くなりました。
 
平成になって爆発的に普及したものの一つにネットがあります。今
ではネットなしの暮らしは考えられません。そのネット社会に警鐘
を鳴らす事象が昨年の終わりに発生しました。所謂まとめサイトの
問題です。サイトに掲示している情報の信頼性が問われ、大手企業
の有名サイトが閉鎖に追い込まれる事態となりました。
 
儲けんかなとの方針の下、質の低い情報の濫造を許した企業が非難
されるのは当然ですが、一方で、協力したライターのアルバイト感
覚や安易にそれらの情報を受け入れる読者の姿勢にも疑問を覚えま
した。
 
これだけ多くの情報が流布する現状では、玉石混交はやむを得ない
かもしれませんが、であればなおさら発信側の責任感、受信側の主
体的に自分で考える姿勢というものが改めて求められると考えます。
 
年頭に当たり、メルマガ発行に携わる立場からは、上記を他山の石
として質にこだわった情報発信に努めていきたいとの思いを新たに
した次第です。
また、皆様からのメルマガへの建設的なご意見を歓迎いたします。
 
本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。(TK)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: contact@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第27号

┌ 発行日:2016年11月02日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… お布施の原理
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】近畿支部ML運用ルール
 ・編集後記……………… リマインダの効用
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「お布施の原理」:近藤博則
 
秋も深まり、林檎、梨、柿や栗が美味しい季節になりました。秋も
様々ですが、私が一番好きなのは、食欲の秋。その他、スポーツの
秋というのもありますが、今回は読書の秋、文化の秋のおすすめを
一つご紹介します。
 
それは、「情報産業論」と言う論文です。学生時代、「情報」の名
が入る学科に在籍していたのですが、恥ずかしながら社会人生活十
数年に至る今まで読んだ事がありませんでした。これが書かれたの
は今から54年前で、既に半世紀を経過していますが、中身は色あせ
る事なく今も輝きを放っています。
 
著者は梅棹忠夫氏、大阪府吹田市の万博記念公園の一角にある国立
民族博物館の初代館長でもありました。情報産業論を読み進める中
で、私の問題意識と繋がる部分があり、強く惹かれる要因となって
います。
 
情報産業は、AI(人工知能)や Fintech(フィンテック)など今ま
さに花盛りの様相ですが、実りの秋へとつなげて行くためには、シ
ステムの価格決定の方法を、より多様に見直す時期に来ているので
はないかというのが私の見解です。人がどれだけ働いたかによって
価格を決める方法は分かりやすく使い勝手も良いものですが、人の
創意工夫や早さを評価するには力不足と疑問視しています。
 
そこに現れたのが情報産業論にあった「お布施の原理」。私はここ
に可能性を憶えます。お布施の金額を決める要因は、お坊さんの格
と檀家さんの格、それぞれの社会的位置によってその額が決まりま
すが、お坊さんが提供する情報や労働には無関係というものです。
 
さて、ハロウィンも終わりクリスマスが近づいて来ると気になるの
が、親戚の子供たちに渡す正月のお年玉です。お年玉は親戚の数や
兄弟の数などいろいろ勘案して金額を決めています。それには男の
子か女の子か、お手伝いしてくれるかどうかは関係ありません。こ
こにもお布施の原理が現れているのかもしれません。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
 11月18日(金)第 162回 定例研究会(ご案内済)
 
 12月17日(土)第 163回 定例研究会(準備中)
           ※ ISACA大阪支部との共催
  
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
 会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
【セミナー報告】
 7月に開催した「IT-BCP体験セミナー」の報告です。
 
 詳しくはこちらへ!
 → http://www.saajk.org/?cat=184 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2016/7月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 7月支部定例研究会報告 是松 徹氏
 → http://www.saajk.org/?p=3856
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏のコラム『基礎的自治体のシステ
 ム・トラブルに見る、運用・監査課題<第 3回>』が本部会報に掲
 載
 
 表題事例について、その後当該基礎自治体でとられた技術的対策
 及び教育や資格などの人的対策について追加報告されています。
 残された課題も含め、システム監査の早期法制化が望まれます。
 (金子力造)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年11月号の会報 PDFが開きます)
 → https://www.saaj.or.jp/members/kaiho/201611_SAAJKaihoNo188.pdf 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
【再録:近畿支部ML運用ルール】:是松徹
支部MLに関する運用ルールを「近畿支部メーリングリスト運用ルー
ル【簡易版】」として支部サイトに掲載しています。
 
MLを通じて発信をされる方は、必ず事前に目を通すようお願いしま
す。
 
→ http://www.saajk.org/?cat=163 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
最近、企業のIT関連イベントやセミナーに申し込んだ後、表題に
「リマインダ」といった冠詞が付いたメールが届いて、「ナルホド」
と感心させられました。何でもそうですが、日程が近付いてきた頃
のリマインダやお知らせは助かりますよね。
 
人間は忘れる生き物です。ましてや、現代の立て込んだスケジュー
ルの中で動く人々であればさらに、複数の予定を同時進行で抱えて
いることも多く、カレンダーやメモで管理していても漏れてしまう
こともありえます。そのような場合に、注意喚起として「リマイン
ダ」が届くことは非常に有用です。
 
忘れたり、期日に遅れたりする人が諸悪の根源ではなく、なるべく
漏れが発生しないように、仕組みとしてあらかじめ考慮することが
大事なのかもしれません。このメルマガ編集にしても複数人での作
業のため、「うっかり者は想定の範囲内」ということを前提にしな
いと、前に進めないのが実情です。
 
SAAJ近畿支部においても「年会費納入のお願い」にメルマガを活用
しています。以前は支部長からの、突発的な単独メールでの督促で
した。その方式から変更し、メルマガの一部という形でも定期的に
リマインダを発することで、納入率を上げることに寄与しています。
 
まさにリマインダは「罪を憎んで人を憎まず」の精神の典型ですね。
(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/ 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第26号

┌ 発行日:2016年09月07日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… チェックリスト^n
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】ITサービス利用ガイドライン/他
 ・編集後記……………… 才能の発掘
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「チェックリスト^n」:阪口博一
 
盛夏の外回りはきつい。内勤の身で滅多に外に出ないことも累乗
(^n)的に作用している。吹き出す汗をぬぐい、取引先の事務所に
入ると、汗で濡れたシャツが急速に冷えていく。背中の汗が消える
頃、今度はテーブルの冷茶が汗をかいている。事務室の片隅にしつ
らえた応接セットで壁の「品質向上」の額をボヤッと眺めながら、
担当者を待っていた。
 
「結構待たせるな…」そのとき、突然声がした。激しい口調だ。
「本来の処理に問題があったわけでなく、チェックリストの不備を
指摘する意味が分かりません!この不備のために、さらにチェック
リストを作れというのですか?阿呆かと言いたい!」思わず、目を
向けると、若手社員が所属長とおぼしき人に食ってかかっていた。
それとなく聞き耳をたてると、監査部門への不満のようだ。以前、
何か事務処理ミスを指摘され、再発防止策としてチェックリストを
追加したようで、その係印欄の押印もれが騒ぎの原因らしい。
 
「事務処理ミスの再発防止策としてチェックリストで対応」、よく
聞く例である。そのチェックが形骸化し、押印もれが見つかったの
で、「チェックリストが機能していない」と指摘されたというとこ
ろであろうか。
 
チェックリストの新設というのは再発防止策として手軽で、証跡も
わかりやすい。被監査部署も監査部署もそれで一件落着となってし
まう。しかし、事務処理が増えるし、何より新たなヒューマンエラ
ーの要因ともなりかねない。
 
何か別の方策はないのだろうか。難しいことではない。例えば
ACCESSやEXCEL マクロでカバーできるようなことも多い。そもそも
元の事務処理ミスが、なぜ起こったのか?「なぜなぜ分析」くらい
はしたのだろうか。そこで真の原因を特定し、それをカバーするた
めの簡素なシステム化ができないか、知恵を絞ったことがあったの
だろうか。
 
もっとも、新しいシステム化を提案したとして、システム対応の困
難さというより、その有効性評価や維持管理が難しいといった理由
で却下されることも多い。監査部門も安易に流れることなく、真の
原因究明をサポートし、ヒューマンエラーそのものを減らす取り組
みを支援してもらいたいものだ。
 
若手社員君よ、君の言うとおりチェックリストの累乗なんて、大し
た「品質向上」にもならずナンセンスだ。こんなことで腐らずに、
元のチェックリストを廃止できるようなシステム化を実現しよう。
また所属長も監査部門も、否定的な面ばかりに目を向けず、彼を暖
かく見守ってほしい。厳しい陽射しの下、アスファルトに陽炎が揺
れ、街路樹のクマゼミの大合唱を聞きながら、そう願わずにはいら
れなかった。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  9月16日(金)第 161回 定例研究会(ご案内済)
 
 10月15日(土)第 54回 システム監査勉強会(準備中)
  
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
 会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【研究論文/他】
 
 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 
 ・「事例に学ぶ情報漏えい事故とそのセキュリティ対策
   ~情報セキュリティ監査のポイント」
   粕淵 卓氏
 
  → http://www.saajk.org/?p=1930
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の『エッセイ【八百比丘尼】』が本
 部会報に掲載
 
 手塚治虫の作品『火の鳥・異形編』にも、永遠に死ぬことのでき
 ない宿命を持つ「八百比丘尼」が出てきます。ITや監査の世界で
 の虚偽や捏造との闘いについて、SAAJK のペンの魔術師・神尾氏
 はどのように描くのでしょうか。(下田あずさ)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年 9月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201609/201609_SAAJKaihoNo186.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【ITサービス利用ガイドライン】:是松徹
 
 近畿支部で運営するITサービス(メーリングリスト等)を利用い
 ただくにあたり、同会員の皆様に遵守をお願いする事項を掲載し
 ています。必ずご一読ください。
 
 → http://www.saajk.org/?p=3122 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
いつもみなさまが楽しみにしてくださっている(ハズの)当メルマ
ガ巻頭言。実は日夜、新しい執筆者を探し求めております。才能の
発掘、これはわがITサービスグループの重要なミッションなのです。
 
発掘側にとっても、巻頭言執筆者に限らず、どこかに埋もれている
才能を見出し、その原石が磨かれていく過程に接することは喜びで
もあり、また役得とも言えます。
 
お笑いコンビ「ピース」又吉直樹さんの『火花』の芥川賞受賞の際
には、才能を見出した側の編集者も賞賛されていました。元々、読
書好きで短文も書いていたという又吉さん。しかし「小説を書いて
みては?」という編集者の助言や、二人三脚での執筆進行などは、
まさに「発掘」という言葉がピッタリです。
 
様々な人・才能が溢れている中で、パッと見ただけでは見えにくい
ものもある。そこから何を見出して伸ばしていくか。また、呼応し
て伸ばされていくか。縁やタイミング等も影響するのでしょうね。
 
振り返ってみると、私自身もメルマガ編集長として打診を受けたこ
とが「発掘」された経験に当たります。あとは「トライしてみる」
という精神。皆様も巻頭言執筆オファーを受けられたら、ぜひとも
ご快諾くださいね!(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第25号

┌ 発行日:2016年07月06日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 人工知能と人間の可能性
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
 ・編集後記……………… サイトのポータル性
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「人工知能と人間の可能性」:山本全
 
近年、第三次の人工知能(AI)ブームといわれる。振り返れば第一次
は60年代でAI発想が萌芽し、映画の世界では『2001年宇宙の旅』で
航行制御コンピュータ “HAL”が登場。第二次は80年代の「エキスパ
ートシステム」、スクリーンでは『ブレードランナー』で代替労働
力のアンドロイド “レプリカント” と人間の格闘が描かれた。
しかしながら当時のテクノロジーはフィクションに遠く及ばず、そ
れぞれ一時の流行で忘れられた存在となった。
 
今日のAIはプロセッサ、ネットワーク、センサー、デバイス(端末)
の飛躍的な性能向上と低廉化、それらとビッグデータを駆使して自
律学習するディープラーニング手法の技術が具現化、経済側面では
先進国での少子高齢化による社会を支える労働人口が先細りする危
機感が、技術の実用化を後押しする要因と考えられる。
 
一方で「この進化が人類を脅かす」という警鐘意見もみられるよう
になった。AIが30年後に人間の知能を追い越すという「シンギュラ
リティ(技術的特異点)」問題で、短絡的にイメージすると前述の
HAL やレプリカントの反乱が現実となる、あるいは人間が職を失い
経済活動が成り立たなくなるといったところであろうか。
一概にその問題提起を否定できないが、進化の「スピード」「質」
の二面で筆者は脅威論に懐疑的である。
 
まず進化のスピードについては、急進的なハードウェアに対しもう
片輪のソフトウェアの成長は緩慢で、等比級数的な成長加速には限
界があると考えている。筆者はビジネス分野のアプリケーションSE
を四半世紀経験しているが、その間ソフトウェアの生産力が飛躍的
に向上した実感が無い。 企画/開発/保守/運用工程の枠組が変わっ
ていないからで、それこそ『システム管理基準』を再構築させる程
のプロセス革新が起こらない限り加速はしないのではないか。
(一方、この領域こそAI自動化の将来余地という見方も出来るが)
 
次に進化の質について、本質的にコンピュータは直面する問題を解
くことは出来ても新しい問題を自分で作り出すことは出来ない。
その動機となる「欲望」は人間のみが持つ本能(自我)そのものであ
り、”快/不快”、”善/悪”のような形而上の価値概念は機械に移植で
きず、データ学習を重ねても獲得できないであろう。
結果AIは「人工”技能”」の性格が強い方向に進み、そこで人間に必
要な「職」は技能を誤用しないためのリスクコントロール高度化だ
というのが筆者の見解である。
 
上記考察を通じ、AIの可能性を考える事は逆説的に「人間とは何か、
何をなすべき存在か」を追究する事になると気づいた。IT領域に止
まらない議論を要する、価値あるテーマだと改めて魅了される。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  7月15日(金)第 160回 定例研究会(ご案内済)
 
  8月20日(土)第 53回 システム監査勉強会(準備中)
  
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
 会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【会員紹介】
 
 第 8回の記事を掲載しています!
 
 本年 2月26日、某所居酒屋にて会員インタビューを敢行しました。
 取材対象は、当メルマガ編集長の下田あずさ氏。パワフルな話に
 男性 4人は終始圧倒されっぱなし!楽しい取材となりました。
 
・会員紹介記事 Vol. 008 下田あずさ氏
→ http://www.saajk.org/?p=3785
 
 
 
【定例研究会報告】
 
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2016/3月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 3月支部定例研究会報告 是松徹氏
 → http://www.saajk.org/?p=3822
 
 2016/5月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 5月支部定例研究会報告 近藤博則氏
 → http://www.saajk.org/?p=3826
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の荒牧裕一氏の『「システム監査の多様性」』が
 本部会報に掲載
 
 情報システムは時代とともに変化していますが、対するシステム
 監査は多様化しているのか?奥の深いテーマを日本の文化歴史を
 紐解き、多様性のとらえ方を踏まえて語られています。
 (金子力造)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年 5月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201605/201605_SAAJKaihoNo182.pdf
 
 
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の『エッセイ【傀儡師】』が本部会
 報に掲載
 
 SAAJK の鬼才、神尾氏が江戸時代の人形遣い”傀儡師”と現代のロ
 ボットエンジニアを対比させながら、話はロボットのコモデティ
 化とともに具現化する脅威へと展開していきます。(阪口博一)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年 6月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201606/201606_SAAJKaihoNo183.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
    :是松徹
 
 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
 アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)
 
 → http://www.saajk.org/?p=1633
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
皆様ご存知の通り、SAAJ近畿支部では、本部サイトとは別に「近畿
支部」としてのサイトを運営しています。サイトに随時、最新記事
や案内を掲載することはもちろんですが、そもそもの「使い勝手」
についても、ひそかに随時改善していっています。
 
先日、会員の方からのリクエストにより、 1件の改善がありました。
「 SAAJKサイトの定例会申し込みのメニュー(リンク)を追加し、
ポータルとして網羅・完結してほしい」というご要望でした。
 
確かに、サイトとしての利便性を考えると、今まで定例会申し込み
へのリンクが無かったことが不自然だとも思えます。
 
対応として、申し込みサイトへの誘導ページをメニューバーのサブ
メニューに掲載し、「案内&申し込み」と「開催報告」に分けて表
示することにより、一層の明確化を図りました。
 
システム管理基準にも、開発業務のシステム設計として「入出力画
面、入出力帳票等はユーザの利便性を考慮して設計すること」が掲
げられています。
 
サイト画面左側のメニュー部分も含めて、サイト全体の使い勝手が
左右される、と感想を持った出来事でした。
 
SAAJ近畿支部は、皆様に支えられて運営されています。今後とも、
忌憚のないご意見・ご要望等をどしどしお寄せください。(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第24号

┌ 発行日:2016年05月10日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 胡蝶
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報アワード受賞!
 ・お知らせ……………… 年会費納入のお願い
 ・編集後記……………… 棚卸とメンテナンス
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「胡蝶」:神尾博
 
春爛漫。野山では蝶が乱舞し、他の虫たちも生き生きと活動する。
また昼下がりには睡魔に襲われやすい季節だ。中国の思想家・荘子
は夢の中で蝶に変身した。彼は疑問を持つ。「蝶こそが現実で、人
の姿の状態が夢なのか?」。哲学としての興味はさておき、我々IT
業界人は、バーチャルスペースを生業にしていることをお忘れなく。
そしてその仮想空間には、いるわいるわ、様々な虫たちが。
 
まずはSEにとって悩みの種である、プログラムの Bug(バグ)。原
語では、胴体から 3対以上の足が出ている、カメムシのような輩を
指すらしい。そのBugを退治するのは Mantis(マンティス)、この
カマキリはWebベースバグ管理システムだ。「Web」という言葉が出
てきたが「 WWW」でご存じの通りクモの巣。インターネットの中で
はそのクモ、そうSpider(スパイダー)、別名Crawler(クローラ)
が日夜データを求めて徘徊している。
 
腹立たしいのがもう一匹いる。マルウェアの一種であるWorm(ワー
ム)。他のソフトウェアに感染するのではなく、単独で動き回るプ
ログラムで、複製・拡散機能を持つ。生物の方では、芋虫やミミズ
のように這って進む連中だ。害虫は建物の隙間などから侵入してく
るが、マルウェアはOS等の持つ脆弱性から忍び込んでくる。どちら
もしっかり穴をふさいでおきたい。
 
人間に益をなす虫たちも紹介しよう。IoT( Internet of Things)
の世界では、センサネットワーク等で用いられる、Zigbee(ジグビ
ー)という無線規格が大活躍だ。これはミツバチのジグザグな動き
から採ったという。ヘルスケア機器等で利用される ANT(アント)
は、さらに低消費電力性能に優れるアリたちだ。
 
さて道教によると、三尸(さんし)の虫というのが人間の体内にい
て、60日毎の庚申(こうしん)の夜の睡眠中にこっそり抜け出すと
いう。そしてその人間の悪事を天帝に報告し、寿命まで左右するそ
うだ。現代医学で同じような所作をするのは、カメラ内蔵のカプセ
ル内視鏡。無線を使い医師に消化器の画像データを送信するので、
こちらも余命に影響してくるだろう。
 
カプセル内視鏡は、患者の肉体的苦痛が少ない事は言うまでもない。
現時点では条件を満たせば、健康保険適用・3割負担での費用が約3
万円だが、さらなる制限緩和や経済的負担減を期待する。睡眠中に
蝶に転じて心地よく飛翔している最中に、このカプセルが、健康状
態をしっかりチェックしてくれるのはありがたい。しかし知らぬ間
に、曲者にデータを詐取されるのは、飽くまでもお断りだ。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  5月20日(金)第 159回 定例研究会(ご案内済)
 
  6月11日(土)第 52回 システム監査勉強会(準備中)
 ※開催日が第 3土曜日と異なりますのでご注意ください。
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、日本システム監査人協会本部の月例研究
 会の内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
【セミナー案内】(申込受付中)
 セミナー名:「システム監査事例セミナー」
 開催日時 :2016年 6月18日(土)
 開催場所 :大阪大学 中之島センター  507号室
 申込締切 :2016年 6月12日(日)
 
 現場体験に基づくシステム監査のポイントを具体的にご紹介する
 プログラムです。
 
 詳細内容およびお申込はこちらまで!
 → https://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/jirei20160618.html
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【研究論文/他】
 
 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 
 ・「ツールが無くてもここまでできるSAP ERP 内部統制監査」
   浦上豊蔵氏/他
 
 ・「標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の現状と対策」
   植垣雅則氏
 
 ・「システム監査の多様性について」
   林裕正氏
 
  → http://www.saajk.org/?p=1930
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○本部会報にて、「2015年度 会報アワード」の受賞者発表!
 
 近畿支部からは「部会や支部からの優良報告」の部で近畿支部、
 「投稿記事、エッセイ」の部で神尾博氏が受賞しました。今回は
 受賞者からコメントを頂き、併せて掲載しています。(阪口博一)
 
 詳しくはこちらへ!
 → http://www.saajk.org/?p=3728
 
 
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の『【時事論評】AI(人工知能)の進
 化とシステム監査の終焉?』が本部会報に掲載
 
 昨今再び注目を集めているAIですが、その利用分野拡大とホワイ
 トカラーへの影響、そしてシステム監査人へ与える影響について
 警鐘を鳴らしています。(金子力造)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年 3月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201603/201603_SAAJKaihoNo180.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹
 
すでに本年度(2016年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると思
いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込金額
により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
先日ITサービスG で、近畿支部の役員会等のメーリングリストや受
付用アドレスの棚卸を実施しました。その際に、長期間使用してい
ないアドレスが見つかりました。そこで、念のため使えるかどうか
の送受信テストを行いました。
 
長い間使っていないと、いざというときに使えない可能性がありま
す。メーリングリストに限らず、定期的なアドレスの棚卸や確認作
業が必要だと実感した出来事でした。
 
日頃から活発にやり取りしているものは別ですが、普段、使用頻度
が低いものは使わないと錆びていきます。水道もしかり、脳みそや
筋肉もしかり(笑)。かつてはスムーズに動いていたのに、いざと
いうときにとっさに動かない、そんな事態は定期的チェックによっ
てなるべく避けたいものです。
 
メールアドレスの棚卸と併せて、日頃の活動の棚卸とメンテナンス
も定期的に実施したいなぁと思いつつ、日々に追われてなかなか手
が出ない。そんな状況から一歩進める為にも、「定期」のタイミン
グを設定するところから始めてみようか、等と考えている最近です。
(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第23号

┌ 発行日:2016年03月02日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 手段の目的化
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 年会費納入のお願い
 ・編集後記……………… 支部サイトスペースの残量
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「手段の目的化」:松本拓也
 
「手段の目的化」。仕事をする上でよく上司や先輩から言われるこ
とであり、「本来は他の成果を得るための手段である行動について、
その行動をとること自体を目的としてしまう」というものです。
私もよく監査において、課題の分析や、被監査側にリスクや改善事
項の説明などをする際に、この考え方を用いたりしていますが、も
し、これを監査人もしくは監査そのものに当てはめるとしたらどう
なるのか。ふと、そんなことを思いつきました。
 
私が主に担当している情報セキュリティの外部監査においても、当
然、監査の実施目的があり、この目的は、監査の最初の段階で必ず
相手と確認しています。ただ、監査の手順を一つ一つ進めていく中
で、その手順を進めることそのものが目的となって、当初の目的を
無意識にすり替えてしまっていないか、少し考えてみます。
 
例えば、調査の中で監査証跡を集めることに意識が集中していつの
間にか証跡収集が目的となり、その証跡が何を証明したいのかを見
失ってしまったり、評価の際に指摘事項を見つけることに専念して
しまったり、またはその逆も然り、ということが起きてしまってい
ないでしょうか。細かいことまで考え出せば、様々なチェックポイ
ントがありそうです。
 
ということは、監査人であろうとも、目的が監査手順に埋もれてぼ
やけてしまうことがあるのではないかと考えます。そして、気がつ
かないままでいると、その結果は、監査報告書もしくは監査報告会
において顕在化するかもしれません。私自身、監査の工程が進むに
つれて、本来の目的が意識から抜けているのではないかと不安にな
ることがあります。その場合は、監査計画書や議事録を読み返して、
監査スタート時に立ち返ること常に意識付けています。
 
マイナンバー制度も始まり、また近年では情報漏えい・改ざん等の
事件が全国的に大きく報道されるようになり、今後より一層、シス
テム監査・情報セキュリティ監査等の必要性が高まっていくと考え
る中で、常に目的と手段の視点から、監査スタイルを見つめ直し、
より良質な監査を行っていきたいと決意する次第です。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  3月19日(土)第 158回 定例研究会(ご案内済)
 ※開催日が第 3金曜日と異なりますのでご注意ください。
 
  4月16日(土)第51回 システム監査勉強会(準備中)
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
【総会資料】
 第15期日本システム監査人協会近畿支部総会(2016/01/15開催)
 にて承認されました資料について掲載しております。
 
 ・2016年度 事業計画 
 → http://www.saajk.org/?p=3688 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
  2015/12月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・12月支部定例研究会報告 植垣雅則氏
 → http://www.saajk.org/?p=3657
 
 
  2016/01月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 1月支部定例研究会報告 近藤博則氏
 → http://www.saajk.org/?p=3682
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の中田和男氏の『【コラム】システム監査から
 見たマイナンバー汚職事件』が本部会報に掲載
 
 問題点と対策の考察を踏まえた監査ポイントを述べるにとどまら
 ず、IT事業者の評価制度や社会への情報発信の必要性にまで触れ
 られており、システム監査関連団体に奮起を求める内容です。
 (是松徹)
 
 詳しくはこちらへ!(2016年 2月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201602/201602_SAAJKaihoNo179.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹
 
すでに本年度(2016年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると思
いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込金額
により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
このメルマガをお読み頂いている皆様は、SAAJ近畿支部のサイトも
よく訪れていらっしゃることと思います。さてここで問題です。年
々、様々な情報が蓄積されていくこの世界で、SAAJ近畿支部サイト
はどのような容量の余裕の中で運営されているのでしょうか。
 
かくいう私も、常日頃から「支部サイトスペースの残量」を気にし
つつ活動しているわけではありません。レンタルサーバにて運用さ
れているらしい、という認識のもと、基本的には余裕を持たせてあ
るのであろう、くらいの予測しか持っておりませんでした。
 
では現在、サーバ契約の総容量のうち、どのくらいを使用している
のか。調べてみました。昨年(2015/2/7)時点で、契約容量 100GB
に対して使用量1.4GBであり、使用率1.4%でした。そして現時点で
は(2016/2/12 )、契約容量 100GBに対して使用量1.47GBであり、
使用率 1.47%でした。
 
サイト運営を開始した2009年から考えても、2015年までの 6年間で
2GB以下ということは、 1年あたり 0.3GB使用するとしても残り98
GBを満杯にするまで 320年程かかる計算になります。
 
キャパシティ管理としては、この先、動画の格納・配信でもしない
限り、容量オーバーの心配は不要と判断できます。このように、シ
ステム監査人として、定期的や定量的にものごとをチェックする、
という重要性を意識していきたいと思います。(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
 特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/ 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
 
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第22号

┌ 発行日:2016年01月12日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 対立軸の効用
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
 ・編集後記……………… 物理的セキュリティ、わが家の傾向と対策
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「対立軸の効用」:是松徹
 
2016年が動き出しました。みなさまは、この年末・年始をいかがお
過ごしでしたでしょうか?
昨年 6月に文部科学省の出した国立大の人文社会科学系学部等の廃
止や組織見直しを求めた通知が文系軽視ではないかと受け取られ、
多方面で波紋を広げました。背景には、理系=技術志向・即戦力、
文系=教養志向・非専門的等、双方を対立する軸として論じる一般
的な認識があるように見受けられます。
 
また、昨年は建築物の杭打ちデータ、製品の免震データ等に関する
データ不正が話題となりました。決算データの改竄と言ってよい会
計不正も発生しました。背景に業界構造や組織文化の問題があるに
しろ、何か変だなという声をあげられなかったのか、理系・文系と
もにプロの矜持が失われつつあるようで暗澹たる思いを抱きました。
 
ところで、ものの本に、数学者にとってプロとして大事なものは、
結論をぱっとイメージできる力であると書かれていました。自明の
公理から一段一段証明を積み重ねて他人がフォローできるようにす
るのはその次の仕事であるとのこと。(まず風が吹くと桶屋が儲か
ると見通せることが重要。砂埃が立つに始まりネズミが増えて桶を
かじるに終わる詳細な論理構築は後の作業。)これを監査に当ては
めると、事前調査からまずは即座に仮説が描け、その後監査事実を
一段一段検証した上で関係者が納得する論理構築と意見表明ができ
ることがプロの監査人ということになるでしょうか。
 
仮説を即座にイメージできるためには、日頃から様々な対立する軸
で物事を見て何か変だなと感じ取る感性を磨くことが重要と考えま
す。広さと深さ、効率と効果、時間と空間、質と量、ハードとソフ
ト等、軸としてはいろいろありそうです。監査人として広くそして
深く自己研鑽に継続して取り組む必要性を感じる次第です。
 
とここまで書いて、粒子性と波動性という対立する軸での追究から
量子力学という人類史上で誇れる知的資産が建設された事例に思い
至りました。昨年のノーベル賞受賞で話題となったニュートリノも
もちろん量子力学の適用対象です。レベルは異なりますが、改めて
異なる軸によるアプローチは、物事の本質に近づく上で重要との思
いを強くしました。
 
動きの激しい今後の仕事・生活環境では、当人が理系・文系いずれ
の出身かには関わらず、プロとしての広い教養と深い専門性がとも
に求められていくと考えます。この一年、近畿支部の活動が、その
ためにいくらかでもお役立ちできれば幸甚と考えておりますので、
引き続き、ご協力・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  1月15日(金)第157回 定例研究会(ご案内済)
 ※支部総会に引き続き開催します。
 
  2月20日(土)第 50回 システム監査勉強会(準備中)
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
【セミナー報告】
 10月に開催した「システム監査体験セミナー(実践編)」の報告
 です。
 
 詳しくはこちらへ!
 → http://www.saajk.org/?p=3589 
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2015/11月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・11月支部定例研究会報告 岸川信二氏
 → http://www.saajk.org/?p=3639
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の『基礎的自治体のシステム・ト
 ラブルに見る、運用監査課題<第 2回>』が本部会報に掲載
 
 表題の事例で新たに判明した事実を基に、システム監査人として
 の役割や課題について鋭く意見を述べられています。今後システ
 ム監査人が貢献出来る機会が増えることに期待したいところです。
 (金子力造)
 
 詳しくはこちらへ!(2015年12月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201512/201512_SAAJKaihoNr177v2.pdf 
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
    :是松徹
 
 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
 アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)
 
 → http://www.saajk.org/?p=1633
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
SAAJ近畿支部では、「ITサービス管理 基本方針」を公開していて、
2015年 9月 1日に改訂が行われました。見直し内容の一つに「物理
的セキュリティ」が追記されております。

サイトやメール等のサービスの基盤を担うプロバイダはもとより、
自宅もそれなりに“適正な”物理的セキュリティが施されているは
ずですが、みなさまの環境はいかがでしょうか。

さて、我が家における”脅威”に対し、物理的セキュリティはどう
あるべきか。また、対策としてどこを重点的に押さえるべきか。現
状に即して考えてみました。

(あ)家には、幼児が 2人おります。 2歳(♂)& 5歳(♀)です。
そうです、暴れん坊のさかりであります。基本的に話は通じません。
PC環境やネットワーク環境を守るためには、「物理的に」二人から
隔離する必要があります。PCを置く部屋はリビングではなく書斎に
する、等ですね。

対策の機能としては、本来は「防止」をメインに考え、事故の「検
出」や「対応」はなるべく少なくしたいのですが、実際には「ケー
ブルが台所の床にばらまかれている」状態を事後的に検出する、と
いった状態がほとんどです。

このように、「ITサービス管理 基本方針」といった堅苦しそうな
規定・基準も、自宅や家庭の事例に当てはめてみると、より身近に
感じられるのではないでしょうか。(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/ 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第21号

┌ 発行日:2015年11月04日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 「効率化の罠」鬼松嵩
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】近畿支部ML運用ルール
 ・編集後記……………… WYSIWYG (ウィジウィグ)なサイト
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「効率化の罠」:鬼松嵩
 
現在パソコン用OSにおいて確固たる地位を築いている Microsoft社
のWindows は、今年で30周年を迎えます。先日、知人からプリンタ
が使えないから見て欲しいと頼まれました。実機を確認してみると、
Windows7だったはずのPCは、Windows10 にアップグレードされてい
ました。慣れないユーザインターフェースに多少戸惑いながらも、
新しいドライバの再インストールで無事に解決しましたが、ドライ
バのインストールよりもOSのアップグレードの方が簡単に出来てし
まうのかと、驚かされました。
 
Windows8(&8.1)に続くバージョン名が何故「 9」ではなく「10」
となったのでしょうか。これについて真偽のほどは私は存じており
ませんが、興味深い説を目にしました。それは、前方一致でOSのバ
ージョンを判定する既存のプログラムに配慮したというもの。確か
にプログラマの立場で考えてみるとWindows95,98を一括で判別する
要件に対しては、”Windows95″, “Windows98″をそれぞれ判別するコ
ードを記述するよりも、前方一致で”Windows9″を探す方が効率的で
す。さらに、この方法であれば、 98SecondEditionも判定でき、ス
マートではないかと。ましてWindowsXP が現役の時代には後の 7,8
… というナンバリングは誰も想定しなかったでしょう。
 
なるほどおもしろい話だと興味をそそられると同時に、新人の頃に
ベテラン技術者から聞いたアドバイスを連想しました。「演算速度
が飛躍的に向上した現在ではコードの短さを追求することは、さほ
ど意味が無い。多少冗長であっても、可読性が高く確実に動くコー
ドの方が優れている」。コードの短縮やミリ秒単位の処理速度が重
要な場合もありますが、リソースが十分に確保された環境であれば、
多少無駄があってもわかりやすいコードが求められるケースがあり
ます。
 
かつてプログラミング業務に携わっていた際、仕様書に示された分
岐条件式が冗長だったため、まとめた条件式を記述して提出したと
ころ、テスト担当者からクレームを受けたことがありました。自分
としては良かれと判断した「効率化」だったのですが、テスト担当
者にとっては仕様書の内容と一対一で対応しないコードは検証のし
づらいものだったのです。「効率的」と考えたことであっても、一
方で、わかりにくさを生み、バグの温床となるかもしれません。
 
日々の業務において安易な効率化をしてしまっていないか。他への
影響も考慮できているか。 Windows10のネーミングの謎から、いつ
の間にかそうした内省の機会を得ることになってしまいました。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
 11月20日(金)第155回 定例研究会(ご案内済)
 
 12月 第 156回 定例研究会( ISACA大阪支部共催:日程調整中)
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 (12月は、第 2または第 3土曜日にて開催)
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
【セミナー報告】
 8月に開催した「システム監査体験セミナー(入門編)」の報告
 です。
 
 詳しくはこちらへ!
 → http://www.saajk.org/?p=3562
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2015/09月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 9月支部定例研究会報告 山本全氏
 → http://www.saajk.org/?p=3529 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ『稲生物怪録』が本部会
 報に掲載
 
 今や妖怪ウォッチブーム。サイバーセキュリティ対策には様々な
 観点・方法論がありますが、次々に登場する魑魅魍魎への対処は、
 現代の「稲生平太郎」の登場も必須でしょう。(下田あずさ)
 
 詳しくはこちらへ!(2015年10月号の会報 PDFが開きます)
 → http://skansanin.com/saaj/201510/201510SAAJKaihoNr175.pdf
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
【再録:近畿支部ML運用ルール】:是松徹
支部MLに関する運用ルールを「近畿支部メーリングリスト運用ルー
ル【簡易版】」として支部サイトに掲載しています。
 
MLを通じて発信をされる方は、必ず事前に目を通すようお願いしま
す。
 
→ http://www.saajk.org/?cat=163
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
 SAAJ近畿支部のホームページを印刷されたことはありますか?実
 は、ひそかに進化しております。WYSIWYGの実現です!
 
 WYSIWYG (ウィジウィグ)とは、コンピュータのユーザインタフェ
 ースに関する用語で、ディスプレイに現れるものと処理内容(特
 に印刷結果)が一致するように表現する技術です。
 ”What You See Is What You Get (見たままが得られる)の頭文
 字をとったものであり、「is」を外したWYSWYG(ウィズウィグ)
 と呼ばれることもあります。
 
 印刷イメージを表示させてから実行したのに印刷結果が異なり、
 困惑する、という現象はどなたも経験されていることでしょう。
 ITの世界ならではの悩みとも言えますが、本来の業務や実現した
 いことに比べれば、なるべく立ち止まらずに技術提供側で解決し
 たいものです。
 
 また、その他でも、メルマガアーカイブ画面の昇順降順の変更や、
 「New!」表示の追記など、PDCAサイクルによる継続的改善は隠れ
 ております。ぜひ、SAAJ近畿支部ホームページの世界も探検して
 みてください。(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/ 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第20号

┌ 発行日:2015年09月02日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… クモの糸
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】ITサービス利用ガイドライン/他
 ・編集後記……………… エンブレム問題雑感
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「クモの糸」:阪口博一
 
昔、まだメインフレームが一般的であった頃のことであるが、クモ
の糸を19万本も集めて、自分がぶら下がることのできるロープを作
った大学教授の講演を聞いた。その先生の話によると、クモの糸に
は、縦糸・横糸・枠糸・牽引糸など何種類もあるのだそうだ。その
うち牽引糸は、クモ自身が命綱として使うもので 2本からなってい
て、強度(正式には「弾性限界強度」という)は、クモの体重に比
例して増大し、その傾きは約「 2」であるとのこと。すなわち、ク
モが命綱として使っている糸は 2本で、その強度は体重のちょうど
2倍になっているという。
 
会場から、「なぜ 2倍なのか。両方切れることを考えれば、 3倍、
4倍のほうがよいのではないか?」といった質問が出されたが、こ
の先生は「私は生体高分子学が専門であり、生物学者でないのでわ
からない」とにこやかに答えておられた。
 
クモの糸は、タンパク質でできている。自分の体内から紡ぎ出すの
で、自分の栄養分を糸に回しているわけである。野生生物は例外な
く餓死と背中合わせであり、貴重なタンパク質を無駄にできない。
土台となる縦糸と粘液の付着した横糸は、餌の昆虫を絡め取るため
の直接費(材料費)であるが、牽引糸は自己のリスク対応のための
間接費(安全対策費)といえる。そこに冗長性を取り入れているの
は興味深かった。牽引糸が切れてしまえば巣から落ち、命の保証は
ない。その結果、体重のちょうど 2倍に収まったのではないだろう
か。
 
この話を聞いた当時、私の勤めている会社ではメインフレーム 1台
で、ほぼ全ての本番業務をこなしており、もう 1台を代替機として
保有していた。代替機は、いざと言うときに瞬時に切り替わる機能
を有して、普段は開発・テスト機として利用していた。両方同時に
故障するリスクはゼロではないが、メインフレームは高価で、「こ
の構成が冗長性としては最適」といわれていたことが、すぐに連想
された。
 
システム運用部門から監査部門に異動したとき、私が強く意識した
のはコスト意識であった。「ヒト、モノ、カネと時間」、これらコ
ストを考えず、安易に安全策を提案するのでは意味がない。現場は
ギリギリのコストで運営していて、それ以上の対策は過剰投資と考
えリスクを容認している。クモの糸に例えれば、クモ自体の栄養状
況を考えず、 3倍、 4倍の太い糸にするのは過剰投資である。その
ような種は自然淘汰され生き残れなかったであろう。
 
内部監査の場合でも、その部署の責任者がリスクを適切に認識し、
容認しているのであれば、大いに尊重したい。当事者が安全対策の
費用対効果の最適値を見つけるのは困難なことで、評価する側にと
っても同様であるが、その点を正しく経営者に伝えることに、内部
監査の意義があるのではないだろうか。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:荒町弘
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  9月18日(金)第 154回 定例研究会(ご案内済)
 
 10月17日(土)第 49回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html 
 
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
【セミナー案内】(申込受付中)
 セミナー名:「システム監査体験セミナー(実践編)」
 開催日時 :2015年10月24日(土)、25日(日)(宿泊なし)
 開催場所 :大阪大学 中之島センター
 申込締切 :2015年10月11日(日) ※早期割引: 9月30日(木)
 
 監査計画策定から監査報告書作成・報告会開催までのシステム監
 査プロセス全体について疑似体験できるプログラムです。
 
 詳細内容およびお申込はこちらまで!
 → http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/taiken20151024.html 
 
 
【セミナー報告】
 2015/06月に開催した「IT-BCP体験セミナー」の報告です。
 
 詳しくはこちらへ!
 → http://www.saajk.org/?p=3433
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2015/05月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 5月支部定例研究会報告 是松徹氏
 → http://www.saajk.org/?p=3427
 
 
 
 2015/07月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 7月支部定例研究会報告 荒町弘氏
 → http://www.saajk.org/?p=3493
 
 
 
【研究論文/他】
 
 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 
 ・「ソフトウェア著作権監査のためのツールと監査手法」
   荒牧裕一氏
 
 ・「失敗したITプロジェクトの真の原因に迫るマンダラ図の紹介」
   松井秀雄氏
 
 
  → http://www.saajk.org/?p=1930
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の『基礎的自治体のシステム・ト
 ラブルに見る、自治体のシステム運用・監査の課題』が本部会報
 に掲載
 
 システム監査の必要性を改めて問う格好の事例を取り上げ、課題
 提起しています。システムの安定運用にシステム監査人がどう貢
 献できるかを考えさせられる内容です。(是松徹)
 
 詳しくはこちらへ!(2015年 8月号の会報 PDFが開きます)
 → http://www.saaj.or.jp/members/201508SAAJKaihoNr173.pdf 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【ITサービス利用ガイドライン】:是松徹
 
 近畿支部で運営するITサービス(メーリングリスト等)を利用い
 ただくにあたり、同会員の皆様に遵守をお願いする事項を掲載し
 ています。必ずご一読ください。
 
 → http://www.saajk.org/?p=3122
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
2020東京オリンピックのエンブレムがデザイン盗作では?と、各種
報道をきっかけとして、あちこちで波紋を呼んでいる。SAAJ近畿支
部・ITサービス G内でも議論が盛り上がった。
 
ご存じの通り、Googleには画像検索機能があるが、更に最近のバー
ジョンのブラウザを使えば「類似画像検索」も可能である。新規に
何らかのデザインを行った場合に「類似デザインが既に出ていない
か?」というチェックのため、これを利用するのも一考ではないか?
という意見が出た。
 
私は著作権や判例のことはよくわからないが、システム監査人とし
ての立場からすると「デザインを起こした者は、まず調査を行い、
過去事例の有無を確認すること」をリスク対策の一つとして、常に
業務に組み込むという、そうしたプロセスを経ること自体を重視し
たい。もちろん、検索結果のスクリーンショットといった、証跡保
管も重要だ。
 
ちなみにSAAJ近畿支部にて独自に作成したファビコン(以前、メル
マガ第13号の特集にてご紹介したもの)について、類似画像検索を
実行したところ、上位のほとんどが似ても似つかぬもののように見
受けられた。
 http://www.saajk.org/?p=2807 (参考:ファビコンの紹介記事)
ITサービス G一同は、とりあえず胸を撫で下ろしている。(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第19号

┌ 発行日:2015年07月09日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… マイナちゃんはマイナー?
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
 ・編集後記……………… 書いてみませんか?巻頭言を!
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「マイナちゃんはマイナー?」:吉田博一
 
マイナちゃんをご存知ですか。マイナンバー制度のイメージキャラ
クタで、某大臣の走り書きから生まれたうさぎである。テレビCMに
も出演した。着ぐるみもぬいぐるみもできた。マイナちゃんはかわ
いく微笑む。「個人情報の安心・安全を確保します」と。そこにこ
の白いうさぎを襲うハンターが現れた。そう、個人情報を狙う黒い
ハッカーがやってきた。
 
年金機構が標的型攻撃を受け、約 125万件の個人情報が漏洩した。
基幹系と情報系のネットワークは分離され、基幹系では個人情報は
厳重に管理されていたが、業務上、個人情報を情報系のファイルサ
ーバに複製していたものを標的型攻撃で盗み取られた。マスコミ等
では、年金機構の管理がずさんで、この際、生保等に業務を移管す
べきという意見がある。あるいは標的型攻撃は巧みで、こうした攻
撃は防止できないと言う専門家もいる。
 
更にこの問題が飛び火して、マイナンバーの導入を懸念する声が増
え、法改正の国会審議が止まっている。マイナンバーは、住民票を
有する人全員に個人番号が付番され、 3ヵ月後の10月には番号通知
が簡易書留で送付される。この制度は、過去の住民基本台帳ネット
の反省から、特定の機関が一元的に情報を集約・管理するのではな
く、自治体が情報を分散管理し、情報連携も自治体毎に異なる符号
を使用し、社会保障・税・災害の特定分野のみに限定されて利用さ
れる。
 
現在、既存システムの改修や新規開発が進められているが、それに
際しては、要件定義段階までに PIA(Privacy Impact Assessment:
プライバシー影響評価)を実施するなどプライバシー・バイ・デザ
インの考え方を取り入れられている。しかし、賢明な読者はお気付
きのように厳重にシステムを隔離しても、年金機構のように運用で
情報漏えいが起きる可能性は消えるわけではない。
 
実は PIAには監査の項目があり、監査の役割が期待されている。情
報漏えいに対する有効な監査を我々システム監査人は提言できるで
あろうか。今はマイナーかもしれないマイナちゃんが標的型攻撃を
仕掛けるハンターを振り切り、メジャーになって「システム監査を
しているから大丈夫」と得意顔をさせたいものだ。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:是松徹
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  7月17日(金)第 153回 定例研究会(ご案内済)
 
  8月22日(土)第 48回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
当支部主催のセミナーの情報です。(申込受付中)
セミナー名:「システム監査体験セミナー(入門編)」
開催日時 :2015年 8月29日(土)10:00 ~ 17:00
開催場所 :大阪大学 中之島センター
申込締切 :2015年 8月16日(日)
 
グループワーキングでシステム監査プロセスの一部を疑似体験できる
プログラムとなっております。
 
詳細内容およびお申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/kansa_nyumon20150829.html
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 2015/03月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・ 3月支部定例研究会報告 林裕正氏
 → http://www.saajk.org/?p=3401 
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ『玄象』が本部会報に掲
 載
平安の昔に存在したという琵琶『玄象(げんじょう)』の不思議な
振る舞いと音声のデジタル化の光と影を織り交ぜた玄妙な「神尾ワ
ールド」をお楽しみください。(是松徹)
 
詳しくはこちらへ!(2015年 6月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201506SAAJKaihoNr171.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
    :是松徹
 
 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
 アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)
 
 → http://www.saajk.org/?p=1633
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
本メルマガの冒頭の、多様なメンバーの多彩で知見にあふれた巻頭
言を楽しみにしていらっしゃる方も多いかと思います。
この巻頭言執筆者の指名をどのように行っているのか、その基準は
どうなっているのか、ワーキンググループ内での取り決め(ルール)
を、参考までにお知らせします。

選定条件は、下記です。
・①ITSG ②理事 ③定例研究会報告者 のいずれかから選ぶ
これは主に、ITSGメンバ内のみの持ち回りだとサイクルが約 1年半
位となり短かすぎる、という理由によります。
それから、定例研究会報告者というのは、もちろん出席頂かないと
書けないわけですから、参加者増の支援も目論んでいます。

また過去には、巻頭言のような随筆、エッセイ風の文章はハードル
が高いと言われる方もおられましたが、それを受けてオファー時に
要綱や手順をお知らせするようにしました。

一例として挙げると、
・テーマはITや監査に少しは関係のあるもの。
・政治色・思想色の強い内容や他への誹謗中傷は避けて頂く。
などなど。

「巻頭言を執筆したい」というそこのあなた!まずは定例研究会に
参加し、報告書作成に名乗りを上げてください。教育サービス G一
同、そしてわれわれITサービス G一同も、心からお待ちしておりま
す!(あ)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第18号

┌ 発行日:2015年05月13日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… 強みと轍(わだち)
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 年会費納入のお願い
 ・編集後記……………… IT戦国絵巻
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「強みと轍(わだち)」:下田あずさ
 
あなたの強みは何ですか?原点は何ですか?こう聞かれたとしたら、
みなさん何と答えますか?
 
システム監査で取り扱う分野は多岐に渡ります。すべての業務経験
が何らかの引き出しになるだろう、そう感じることが多いです。IT
に強い人、業務や対人コミュニケーションに強い人、等、多種多様。
直接的に「監査」というキーワードに関わる経験でなくても、必ず
どこかで役立つ時がくる、そんなイメージを持っています。
 
ITの世界でも若輩者の私は、システム開発で使用するOSと言えば、
ほぼ Windowsにしか触れたことがありませんでした。最近、業務で
Linuxについて触れる機会があり、教わりながら、また自分でも調
べながら対応していくうちに、ついでにこの機会に、Tips等をまと
めておこうという話になりました。知識の習得とシェアの一石二鳥
を狙って、です。
 
ネットには様々な情報があふれており、検索すればすぐに、様々な
角度で解説された資料にたどり着くことが出来ます。いまさら私が
「 Linuxの基礎」という資料を作ったところで、目新しいことは何
も無いだろうと予想していました。でもやってみるとそこには、教
えることと教わることについて、学びがありました。
 
知識の習得とシェアに加え、資料作成によって知識の定着も促進さ
れ、当初の一石二鳥は一石三鳥に。調べることで深堀が進むという
意味では、一石四鳥とも言えます。「人に教えることは、一番の勉
強法である」と実感しています。ITだけでも人だけでもなく、どち
らも深く連関する世界。
 
実は、読者の皆さんとの接点であるこのメルマガでも、同様の効果
を実感しています。編集のマネジメントについてノウハウを整理し、
コラム化を行うことで、読者や外部の方への見える化が実現できた
のです。と同時に、私自身の血肉になり定着していき、さらに、次
のTips収集へとつながっていく……。車が通ったあとに車輪の跡が
残り轍(わだち)となるように、振り返ると積み上がるTipsの数々。
 
私の強みは何だろう?その質問にパッと答えられる人になりたい、
でも実はよく分かっていません。強みについても、各種の経験を経
た上で振り返ってみたら後ろに道が出来ている、轍となる、そんな
ものなのかもしれません。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:是松徹
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  5月15日(金)第 152回 定例研究会(ご案内済)
 
  6月20日(土)第 47回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画した DVDを視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○セミナー情報:是松徹
 
 当支部主催のセミナーの情報です。
 
 セミナー名:「IT-BCP体験セミナー」
 開催日時 :2015年 6月27日(土)10:00~17:00
 開催場所 :大阪大学 中之島センター  608号室
 申込締切 :2015年 6月21日(日)
 
 災害発生直後にどのような状況判断や初動を行うべきか、グルー
 プ討議での気付きからIT-BCPのポイントを学びませんか?
 
 詳細はこちらまで
  → http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/taiken20150627.html 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【2015年度 事業計画】
 近畿支部の2015年度事業計画について掲載しております。
 
 → http://www.saajk.org/?p=3272
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の活動報告『「地方公共団体にお
 ける情報セキュリティ監査に関するガイドライン(案)」(総務
 省)へのパブリックコメント』が本部会報に掲載
 
近畿支部内のシステム監査法制化推進プロジェクトとして、総務省
案に対して意見を表明しました。「安全性」「信頼性」「効率性」
いずれの視点も欠かせないものである、というシステム監査の有用
性の広がりが大切です。(下田あずさ)
 
詳しくはこちらへ!(2015年 5月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201505SAAJKaihoNr170.pdf
 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹
 
すでに本年度(2015年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると思
いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込金額
により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「IT戦国絵巻」
 
第 1話「四公六民」
ソウウン「余が命じた施策は進んでおるか?」
家来「米での配分は問題ありませんが、野菜は取り分を増やしてく
れとか、珊瑚などの贅沢品は重課税すべきだとか、陳情が後を絶ち
ません。勘定システムの複数税率への対応が遅れていまして……」
 
第 2話「南蛮貿易」
ノブナガ「余が命じた施策は進んでおるか?」
家来「やたらポートを開くと国内への不正アクセスやウイルス、情
報漏洩等のリスクが増えるので、手を打たねばなりません。人手が
足りず、積荷のフィルタリングも追いつかなくて……」
 
第 3話「検地・刀狩」
ヒデヨシ「余が命じた施策は進んでおるか?」
家来「検地の方は GPSやセンサネットワークで、精度と効率が大幅
に向上しています。しかし刀剣を没収しても、3Dプリンタで火縄銃
を再現する輩が後を絶たなくて……」
 
こうした場合は……そうです!助言者として我々システム監査人の
出番……かも。(神)
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第17号

┌ 発行日:2015年03月04日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 
 
いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 
 
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
 ・巻頭言………………… あなたのIDいまいくつ?
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 年会費納入のお願い
 ・編集後記………………  Web苦心譚
 
 
■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
「あなたのIDいまいくつ?」:松本拓也
 
先日、 5年間住み慣れた部屋から引越しをしました。新居との距離
はさほど離れてはおらず、またこれまでに数回の引越し経験がある
とはいえ、やはり人一人が丸ごと移動するということは大変なもの
です。家財の移動はもちろんのこと、住所変更の手続きや水道・光
熱各種の手配にと手間を取られました。しかし、今回の引越しで最
も苦労したのは、銀行口座・保有資格の管理・メールマガジン・ネ
ット通販等々、インターネット上で登録・管理している様々なサー
ビスの登録情報の変更でした。
 
「何をそんなに苦労することがあるのか」ということですが、私の
場合、まず登録情報の変更が必要なサービスを洗い出しに苦労しま
した。 5年の間に増やしたIDは当初の想定よりも多く、またID・パ
スワードはメモとして残っているものの、年に数回程度しか使用し
ないサービスなどは、初期登録で住所を記載したかどうかすら覚え
ていません。昔、母の日用に一度だけ利用した花屋のネット通販の
IDなどというものまで出てきました。結局、利用頻度の少ないサー
ビスは、ほとんど利用停止にしてしまいました。
 
今の時代、ネット上で何らかのサービスを利用すればIDは簡単に増
えていきます。ただこれは、IDが増えれば増えるほど管理するのも
大変になっていくということです。今、自分がどれだけのIDを保有
し、どれだけのサービスに自身の個人情報を登録したか。今回のよ
うな引越しというイベントでもない限り、私自身そんなに意識する
こともなかったでしょう。
 
「使わないIDは必要ない。必要ないIDは削除する」私が業務として
担当している情報セキュリティでは基本的な考え方ですが、自分の
私生活で使用しているIDなどには、なかなか手が回らないものです。
クラウドサービス、スマートデバイスも一般的なものとなり、今後
もますますIDは増えていくのでしょう。業務システムほどではあり
ませんが、一覧表等で可視化していくことも必要となるかもしれま
せん。
 
 
 
■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○定例研究会・勉強会情報:是松徹
 
・今後の予定は次の通りとなっています。
 
  3月20日(金)第 151回 定例研究会(ご案内済)
 
  4月18日(土)第 46回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定
 
 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html 

 
 
・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 
・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画した DVDを視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 
 
 
○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 
【会員紹介】
 第 7回の記事を掲載しています!
 
審査員として長く活躍されている吉谷氏から、 ISOや個人情報保護
に関する展望について有益な話をお聞きすることができました。ご
趣味の釣りの話題でも大いに盛り上がりました。
 
・会員紹介記事 Vol. 007 吉谷尚雄氏
 → http://www.saajk.org/?p=3262

 
 
 
【定例研究会報告】
 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!
 
 ・2014年12月、2015年 1月開催分の報告を掲載しました。
 
 ・12月支部定例研究会報告 今本憲児氏( ISACA会員)
 → http://www.saajk.org/?p=3294

 
 ・ 1月支部定例研究会報告 上村智幸氏
 → http://www.saajk.org/?p=3306

 
 
 
【研究論文/他】
 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 
 ・「IT-BCPの実効性を高める訓練・演習とその監査」 松井秀雄氏
 
 → http://www.saajk.org/?p=1930

 
 ※なおこちらの論文について、本号の特集欄においても本部会報
  掲載に関して取り上げております。併せてご覧ください。
 
 
 
■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○SAAJ近畿支部会員の松井秀雄氏の論文「IT-BCPの実効性を高める
 訓練・演習とその監査」が本部会報に掲載
 
この研究成果は示唆に富んでおり、特にDIG(Disaster Imagination
Game)用いたリスク管理は、大規模災害以外のインシデントから日
常生活に至るまで、広範な適用が可能である。(神尾博)
 
詳しくはこちらへ!(2015年 2月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201502SAAJKaihoNr167.pdf

 
 
 
○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の時事論評「IoT/M2M 時代のシステ
 ム監査」が本部会報に掲載
 
低次な生命形態に近いシステムが環境を把握しながら情報連携して
機能を果たす、そんなSFのような世界がもう目の前かもしれません。
パラダイムシフトを予感させる魅惑的なコラムです。(金子力造)
 
詳しくはこちらへ!(2015年 3月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201503SAAJKaihoNr168.pdf

 
 
 
■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹
 
すでに本年度(2015年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると思
いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込金額
により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。
 
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
みなさま、 Webシステム開発のご経験はおありでしょうか? Web特
有の対応必要事項のひとつに、「異なるブラウザへの対応」が挙げ
られます。例えば、画面表示結果はブラウザによって微妙な違いが
発生することがあり、ブラウザごとの「クセ」があることが多い為、
開発後のテストにおいて各種ブラウザでの動作確認を必須としたり、
動作保障環境を限定したり、といった対応を行います。

 
前号のメルマガをSAAJ近畿支部サイトにてご覧になった方で、お気
付きの方もいらっしゃるかもしれません。私こと編集長(あ)の最
近の悩みは、メルマガの改行問題です。行間が開きすぎている場合
があるのです。
 
あらかじめテキストファイル上で原稿を編集しておき、メルマガ発
行と同時にSAAJ近畿支部のサイトへも掲載できるように準備してい
るのですが、あるブラウザではOKだった表示が、別のブラウザでは
思ったように表示されなかったりします。
 
改行コードを追記したり、全角スペースにて調整したり、有効と思
われる対策を行っていますが、同じ手法であっても差異が発生する
こともあり、いまだに「これだ!」という対策を発見できておりま
せん。模索状態が続きますが、そうこうしているうちにブラウザ側
の仕様変更が発生することもあり…開発SEの頃の苦悩を思い出す今
日この頃であります。(あ)
 
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 
 
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 
ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115

 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 
特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 
  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/

 
  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第16号

┌ 発行日:2015年01月09日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
 

 

いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 

 

 ・巻頭言………………… 20年目の回想 ~光と影~
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 西日本支部合同研究会のご報告
 ・お知らせ……………… ITサービス利用ガイドライン/他
 ・編集後記……………… 未年と羊
 

 

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 

「20年目の回想 ~光と影~」:林裕正
 

今年は阪神淡路大震災の発生から20年目の節目の年である。近畿支
部においても昨年10月のIT-BCPセミナーを皮切りに BCPや災害対策
に関係したテーマのイベントが続いた。
 

私自身は、この直接の被害は受けなかったが、会社の営業拠点のビ
ルが大きな被害を受けた。また担当していたお客様の電算センター
が神戸市内にあったが、幸いその電算センターは被害は受けなかっ
たため平常通りの運用を続けることができた。しかし、ネットワー
クや拠点の機器は大きな影響を受けたため、電算部門は、約 1ヶ月
間はネットワークの構成変更作業に追われながら、基幹システムの
運用を行い、業務の継続に尽力された。
 

この震災では6434人の貴い命が失われ、全半壊した家屋は約25万棟
にもなった。このような大規模な自然災害は自分が生きている間に
は二度と来ないだろう、と漠然と考えていたが、その予想は外れ、
その後も発生が続いている。そしてその貴重な経験は、例えば事業
継続計画策定時の ICTの重要性認識の向上などに活かされた。
 

雑誌Newtonの1995年 2月号の特集は「未来都市2010~マルチメディ
アとビッグプロジェクトのすべて~」であった。2010年をターゲッ
トに近未来の姿を探る内容であり、取り上げられたのはリニアモー
ターカー、海上都市、高度情報化都市、衛星通信ネットワーク等で
あり、これらの中には、既に実現していることも多く驚く。2010年
時点での状況は兎も角、全世界をカバーする通信ネットワーク、電
子新聞、ホームショッピング、医療分野への電子機器の活用などは
当時の予想以上に進展している。
 

この記事は、未来社会の「光」の部分が中心であり、「影」の部分
については言及していない。例えば情報セキュリティに関する問題
提起なども一切掲載されていない。システム監査人は ICTのもたら
す利便性の裏に潜む脆弱性に対する感覚を研ぎ澄まし、事業体や社
会に与える影響を最小限にするために行動する必要があり、またそ
の役割を期待されている。
 

 

 

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 

○定例研究会・勉強会情報:是松徹
 

・今後の予定は次の通りとなっています。
  1月16日(金)第 150回 定例研究会(ご案内済)
   (支部総会に引き続いて開催します。)
 

  2月21日(土)第 45回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定
 

 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html
 

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。
 

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
 

 

 

○セミナー開催報告:小河裕一
 

 当支部主催のセミナーを開催いたしました。
 

 月日:10月25日(土)13:00 ~ 17:00
 場所:大阪大学中之島センター
 講演テーマ:「IT-BCP体験セミナー(半日コース)」
 

 → http://www.saajk.org/?p=3088
 

 

 

○近畿支部サイト更新情報:金子力造
 

【西日本支部合同研究会論文/他】
 

 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。
 

 ・「クラウドソーシングによる災害対策」 吉田博一氏
 ・「IT部門の初動対応をモデルとした演習の紹介」 金子力造氏
 ・「システム監査の勘所~ITストラテジストとシステム監査~」
  林裕正氏
 

 → http://www.saajk.org/?p=1930
 

 

 

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 

○【西日本支部合同研究会報告】:荒町弘(実行委員長)
 

 近畿支部主管で開催し、本部・各支部を含め、57名の参加を得て
 盛況の内に終了しました。
 

 月日:11月29日(土)30日(日)
 場所:国際カンファレンスプラザ(大阪国際ビル17階)他
 統一テーマ: 「 ICTによる災害に強いしなやかな社会の実現と
 システム監査の重要性」
 

 → http://www.saajk.org/?p=3132
 

 

 

○【 JISTAオープンフォーラム in 関西】:是松徹
 

 分科会の 1コマに林支部長が登壇し、講演の中で、SAAJの広報を
 実施しましたので、発表資料をご紹介します。(参加者:約40名)
 

 月日: 9月20日(土)
 場所:甲南大学 岡本キャンパス
 講演テーマ:「システム監査の勘所」
 

 → http://www.saajk.org/?p=3170 (★一部工事中)
 

 

 

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 

○【ITサービス利用ガイドライン】:是松徹
 

 近畿支部で運営するITサービス(メーリングリスト等)を利用い
 ただくにあたり、同会員の皆様に遵守をお願いする事項を掲載し
 ています。必ずご一読ください。
 

 → http://www.saajk.org/?p=3122
 

 

 

○(再録)【各種メーリングリストの登録アドレス変更手順】
     :下田あずさ
 

 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
 アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト 「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)
 

 → http://www.saajk.org/?p=1633
 

 

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 

【謹賀新年】:このメルマガも創刊以来 3回目の新年を迎えました。
竜年の創刊にちなみ、元気良く精一杯、みなさまへの有効な情報提
供を心掛けてきました。
 

巻頭言子が述べているように、この 1月で阪神大震災から早や20年
です。昨今の自然災害による爪痕を見聞きするにつれ、今年は干支
の未(=羊)のように穏やかで平和な一年であってほしいと願わず
にはいられません。
 

ところで、ストレイシープ(迷える子羊)という言葉があるように
羊には悩み迷う頼りない印象がありますが、一方で、群れをなして
行動する特性から、家族の安泰を象徴するとも言われています。
 

人の絆の重要性が、東日本大震災を始め、さまざまな場面で改めて
見直されています。群れて仲良く暮らす羊は、悩みながらも進むべ
き一つの方向を暗示しているような気がしています。
 

今年もみなさまのご多幸を祈りつつ、魅力あるメルマガ発行に努め
てまいりますので、ご期待ください。
 

そう言えば私も未年生まれでした。(TK)
 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
 

 

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日
 

ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115
 

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】
 

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
 

  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/
 

  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第15号

┌ 発行日:2014年11月05日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
・巻頭言………………… 百夜通い
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 西日本合同大会のご案内
・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
・編集後記……………… 心のフェイルセーフ



■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「百夜通い」:神尾博

平安の世、深草少将(ふかくさのしょうしょう)は、恋い慕う小野
小町の「自分のもとへ百日間通い続けたら求婚を受け入れる」とい
う難題に挑戦した。結果、99日目までこぎ着けたが、悲願達成を賭
けた最後の夜、吹雪に阻まれ息絶えた。この「百夜通い(ももよが
よい)」は後世の世阿弥の創作だが、 3桁の壁を超えられなかった
男同様、IT技術者は「桁あふれ」に悩まされることが少なくない。

思い返せば15年前。ちょうど今頃は、読者の中には西暦2000年問題
で奔走されていた方も多いのではないか。結局は大山鳴動の割には、
大した鼠は現れずという結果に終わったのだが……。そして次の難
関は2036年。NTP(Network Time Protocol)は1900年 1月1日AM0時
を起点としているため、32ビットがオーバーフローする2036年2月7
日 6時(日本時間では15時)28分16秒には、値が1900年にリセット
されるというものだ。

ITの中に数多く潜んでいるあふれは、桁だけではない。OSの脆弱性
の半数以上はバッファオーバーフローだと言われている。こちらは
20XX年問題のような一過性のものではなく、セキュリティパッチの
配布が日常茶飯事である。OS以外の他のアプリでも相当多いらしい
ので、この悩みは当分、いやノイマンアーキテクチャのITが存在す
る限り未来永劫続くに違いない。

もっともITの問題解決より、まずは人類の未来だ。マヤの予言の20
12年人類滅亡説は記憶に新しい。マヤ文明の長期暦は紀元前3114年
8月12日から187万2000日で 1サイクルを迎え、その時期が2012年12
月21日とされていた。ところが西暦への変換時に閏年が漏れていた
そうで、計算し直すと2015年9月3日になるらしい。「予言」という
ジャンルの信憑性はともかく、カレンダーのあふれの時期がずれれ
ば、数字上はまだ危機が去っていないことになってくる。

一説によると、小町は少将が訪問の度に持参した榧(かや)の実で、
日数を勘定していたいう。一方、このメルマガの号数のカウントは、
サブジェクト(タイトル)の串団子風の記号。ご存知の通り、丸の
白黒(○●)はビットのOFF/ONを表しているが、右側の 4連で処理
できるのは今号まで。そして、いよいよ次号から左側のゾーンも必
要とする世界へ突入する。こちらのあふれは、殊のほか慶事である。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
11月29日(土)30日(日)西日本支部合同研究会(ご案内済み)
(「■特集」をご覧ください。11月の定例研究会はお休みとさせ
ていただきます。)
12月13日(土)第 149回 定例研究会(準備中)
(12月度は ISACA大阪支部との合同開催です。)

 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。



○セミナー開催報告:小河裕一

2014年08月30日(土)~08月31日(日)に当支部主催の「システ
ム監査体験セミナー(実践編)」を開催いたしました。

どのような内容かわからないため参加を躊躇している方はおられ
ませんか?結果報告から雰囲気をつかんで来年のセミナー参加を
ご検討ください!!

→ http://www.saajk.org/?p=3059


○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】

隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

2014/09月開催分の報告を掲載しました。

・ 9月支部定例研究会報告 竹下健一氏
→ http://www.saajk.org/?p=3067



【研究論文/他】

発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「情報通信技術者が知るべき著作権(基礎編)ー「著作権のシ
ステム監査」の実践のためにー」 松田貴典氏
→ http://www.saajk.org/?p=1930


■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【西日本支部合同研究会のご案内】:荒町弘(実行委員長)
今回は近畿支部が担当して開催します。
災害のリスク(または怖さ)を身近に感じるこの頃、奮ってご参
加ください。

日時:11月29日(土)30日(日)
場所:国際カンファレンスプラザ(大阪国際ビル17階)
統一テーマ:「 ICTによる災害に強いしなやかな社会の実現とシ
ステム監査の重要性」

詳細、申し込みは以下のページまで。
http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/nishi_godo_kenkyu2014.html



■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【再録:近畿支部ML運用ルール】:是松徹
支部MLに関する運用ルールを「近畿支部メーリングリスト運用ル
ール【簡易版】」として支部サイトに掲載しています。

双方向の利用が可能な運用ルールであり、昨年の役員会で決定し
た内容を反映しています。

→ http://www.saajk.org/?cat=163


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

2014年も残すところ 2ヶ月。毎度毎度の私事ですが、第二子を出産
後、育児休業を取らせて頂いていた編集長こと下田は、職場復帰へ
のカウントダウンが始まりました。

第一子の時の復職の経験上、復職後、ペースに慣れるまでが親子と
もどもドタバタ、職場の方々や関係者各位に大変お世話になりまし
た。今回も試行錯誤しつつ、何とか早めに軌道に乗せたいものです。

フールプルーフやフェイルセーフ、そして冗長性設計。特に、乳幼
児の発熱等、突発事項への対策としての二重化・三重化(病児保育
等、預け先の複数登録)は欠かせません。できる限りの事前策を施
す一方で、精神的な余裕の有無がカギを握るという実感もあります。
同じ状況でも、精神状態次第でとらえ方が異なってくる…。

桁あふれやオーバーフローなど、ITの業務のみならず、自身の精神
状態としても、なるべく起こさないよう防ぎたいと思う一方、「起
こさない」方向を目指すだけではなく「起きてしまった際の被害を
最小限にし、リカバリを早くする」方針も大切だと感じます。策は
施し心には余裕を。汗かきつつも歌いつつ、で行きたいです。(あ)
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!



【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨


【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第14号

┌ 発行日:2014年09月03日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

いつもご愛読ありがとうございます。 このメルマガは、近畿支部
メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・巻頭言………………… 審判と監査人
 ・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
 ・特集…………………… 本部会報掲載情報
 ・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
 ・編集後記……………… 「Let it go =ありのままで」って??



■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「審判と監査人」:鬼松嵩

6月から7月にかけて熱戦が繰り広げられたサッカーワールドカップ
は、ドイツの優勝で幕を閉じました。日本時間では、早朝を中心に
試合が行われたため、普段より早起きして観戦された方も多いので
はないでしょうか。

日本代表チームは、残念な結果となってしまいましたが、選手以外
に目を向けると、開幕戦の審判を日本人が務めたことでも話題にな
りました。開幕を飾る試合の担当に選ばれるのは出場する選手と同
様、非常に名誉なことです。

サッカーに限らず、スポーツの審判といえば、ルールに従って判断
を下すという役割が最初に思い浮かびますが、試合を円滑かつ安全
に進行することも同様に重要な役割です。危険なプレーやその兆候
をいち早く察知し、適切に注意や警告を与えることにより、「荒れ
た試合」となることを防ぎ、選手の安全を守っていると言えます。

基準に沿って判断を行うことから、監査人は審判に例えられること
があります。しかし、それだけではなく、上記の例のように「大き
な問題が発生する兆候をいち早く発見し、是正を促す」という役割
も監査人の責務であると、日頃から意識しています。



■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
  9月19日(金)第 148回 定例研究会(ご案内済)

10月18日(土)第 44回 システム監査勉強会(準備中)
  本部月例研究会の DVDを視聴予定

 詳しくは本部サイトへ!
 → http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
 するテーマについて講演頂く形式を取っています。
 原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
 内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
 原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:小河裕一

 当支部主催のセミナーの情報です。

 セミナー名:「IT-BCP体験セミナー」
 開催日時 :2014年10月25日(土)13:00 ~ 17:00
 開催場所 :大阪大学 中之島センター 講義室 303号
 申込締切 :2014年10月17日(金)

 すわ!大災害発生!そのときあなたは自社ITシステムに対して
 何ができますか?

 詳細はこちらまで
  → http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/taiken20141025.html

○セミナー開催報告:小河裕一

 2014年 6月28日(土)に当支部主催の「システム監査体験セミナー
(入門編)」が開催されました。

 → http://www.saajk.org/?p=2925

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【研究論文/他】

 発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
 活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

 ・「暗号通貨ビットコインの脆弱性と可能性」 荒牧裕一氏
  → http://www.saajk.org/?p=1930

【定例研究会報告】

 隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

  2014/07月開催分の報告を掲載しました。

 ・ 7月支部定例研究会報告 林裕正氏
  → http://www.saajk.org/?p=2934



■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の下田あずさ氏のコラム「ITサービスマネジ
 メント奮闘記(メルマガ編)」が本部会報に掲載

編集長の(あ)さんが、メルマガ誕生秘話をシステム開発になぞら
えて生き生きと語っています。メルマガが「アジャイル開発」され、
本番リリースされる様子をご覧ください。(是松徹)

詳しくはこちらへ!(2014年 9月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201409SAAJKaihoNr162.pdf



○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ「両面宿儺」が本部会報
 に掲載

「冗長化」「二面性」に関するエピソードが、現代と西暦 720年の
クロスオーバーで描かれたエッセイです。大和朝廷の時代にあった
それらとは、一体何? (小河裕一)

詳しくはこちらへ!(2014年 8月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201408SAAJKaihoNr161.pdf



■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
    :是松徹

 本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
 (新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
 本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)

 → http://www.saajk.org/?p=1633



■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

ワールドカップに負けず劣らずの熱狂ぶりとも言えそうな勢いで、
映画「アナと雪の女王」ブームが我が家の 3歳児の中で続いていま
す。映画のみならず DVDにも夢中。ひたすら歌っているか、セリフ
をつぶやいているかの日々。家族には配役も割り振られます。

世界的にも流行しているので、映画を見ている方も見ていない方も、
「れりごー」の言葉(もしくは歌)はお聞きになったことがあるか
もしれません。

映画「アナと雪の女王」の挿入歌、「Let it go 」については、吹
き替えである日本語版の歌詞は「ありのままで」となっていますが、
原語の「Let it go 」には「もういいわ」「これでいい」等の「や
けっぱち」ニュアンスがあるようです。日本語の「ありのままで」
の意味とは、印象がかなり違います。

原語に忠実な訳を探し、辞書での確認や解説記事を検索し、他にも
帰国子女の友人や英語ネイティブの友人等に聞いた話を総合すると、
「もうどうとでもなれ」が近いようでした。

その上で映画のストーリーを観ると、印象が違います。「ありのま
ま」でいい、そのままでいいんだよという印象を受ける日本語より
も、それまで抑圧してきた様々なものを解放する「どうとでもなれ」
の感情がよく表現されています。

何事も「原語にあたる」ことは重要だと感じています。本来の意味
やニュアンスをより正確にくみ取ることで、理解が深まるとともに
誤解も避けることができます。

ちなみに私は吹替版と字幕版の合計 2回、映画館へ見に行きました。
字幕版の方が、れりごーの感覚も含め、登場人物達の心情等が忠実
に伝わってきたと感じました。

異質な力を持つものとの共生の形など、とても示唆に富む映画で、
非常に面白かったです。(あ)



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
 http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

  Mail: *******@saajk.org
  HP: http://www.saajk.org/

  発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第13号

┌ 発行日:2014年07月02日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

いつもご愛読ありがとうございます。このメルマガは、SAAJ近畿支
部メーリングリストへ登録して頂いている方へお送りしています。
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 何で今、二宮尊徳?
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… ファビコン登録!
・お知らせ……………… 近畿支部ML運用ルール/他
・編集後記……………… 歩き○○にはご注意を!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「何で今、二宮尊徳?」:小宮弘信

二宮金次郎(尊徳)と云えば、小学校にあった薪を背負って本を読
む少年の像を思い描かれる方が多いかもしれません。最盛期には万
を超えた像があったと聞きます。金次郎の像は官費で作られたもの
と私は誤認していましたが、実はその多くは地元の篤志家による寄
付で建てられたものでした。

その後、戦前の道徳教育への反発もあり、日本では二宮尊徳に対し
て語られることは少なくなってしまいました。しかし1894年に、内
村鑑三が『代表的日本人』で二宮尊徳を英文で紹介したことにより、
ケネディ前大統領や多くの外国人に影響を与えて来ました。また国
内でも、藩や多くの村を復興させた事例と尊徳が残した教訓により、
多くの経済人が薫陶を受けました。

尊徳は「学問や思想は実践に移して、はじめて価値を生じる」と教
えます。知識と実行は表裏一体でなければならない【知行合一】と
いう考えです。また「大事を成さんと欲せば、先ず小さなる事を怠
らず勤むべし。小積りて大となればなり。小人の常、大なる事を欲
して小さなる事を怠り、出来難きを憂いて、出来易き事を勤めず。」
という【積小為大】の教訓もあります。

保証型システム監査を行おうとする時、「何を保証するのか」や
「どこまで保証できるのか」という話を聞く事があります。このよ
うな不安を除くために、保証を与える対象として経営者の言明書を
用いることが考えられるのではないでしょうか。またシステム監査
報告書の使用目的ごとに監査手順を見直すことも提案します。この
ように保証型システム監査においても、様々な可能性を追求し、実
践して行く事が大切ではないでしょうか。

他にも「道徳を忘れた経済は罪悪である。しかし経済を忘れた道徳
は寝言である」や「天道人道」、「一円融合」など教わることばか
りです。貨幣資本中心の経済に傾きがちな現代人にとって、多くの
示唆を与えてくれるものがあります。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
7月18日(金)第 147回 定例研究会(ご案内済)

8月16日(土)第 43回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。
○セミナー情報:小河裕一

当支部主催のセミナーの情報です。(申込受付開始)

セミナー名:「システム監査体験セミナー(実践編)」
開催日時 :2014年 8月30日(土)13:00 ~ 20:00
2014年 8月31日(日)10:00 ~ 17:00
※宿泊はありません
開催場所 :大阪大学 中之島センター 講義室 201号
申込締切 :2014年 8月17日(日)

教材を一新し、「現行システムとユーザニーズの適合性、経営戦
略と情報システムとの適合性」という、経営者の視点に立ったテ
ーマと致しました。

詳細内容およびお申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/taiken20140830.html
○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【研究論文/他】

発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「ソフトウェア資産管理とシステム監査」 松井秀雄氏
→ http://www.saajk.org/?p=1930
【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

2014/05月開催分の報告を掲載しました。

・ 5月支部定例研究会報告 松本拓也氏
→ http://www.saajk.org/?p=2854

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

SAAJ近畿支部サイトにファビコンを登録!:下田あずさ

お気付きでしょうか?SAAJ近畿支部サイトにファビコンを登録しま
した! Webブラウザにて、SAAJ近畿支部サイトを表示してみてくだ
さい。左上に新たなマークが出現します。これがファビコンです!

※ファビコンとは:FAVorite ICON の略で、 Webブラウザのブック
マーク(お気に入り)リストやウィンドウアイコン・タブなどに現
れることのある、 Webサイト独自のアイコン画像。

今回デザインを担当したのは、SAAJ近畿支部会員の小河裕一氏です。
小河氏は、2013年に開催された「近畿支部25周年記念研究大会」の
記念誌の表紙デザインも作成されており、絵心と機能性を発揮して
くださっています。

詳しくはこちらへ!
→ http://www.saajk.org/?p=2807

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

近畿支部ML運用ルール:是松徹
支部MLに関する運用ルールを「近畿支部メーリングリスト運用
ルール【簡易版】」として支部サイトに掲載しています。

双方向の利用が可能な運用ルールであり、昨年の役員会で決定
した内容を反映しています。

→ http://www.saajk.org/?p=2226

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

2014年、早くも半分が過ぎました。年々、時の流れを早く感じるの
は気のせいでしょうか(気のせいだと思いたいお年頃です…)。

今号の巻頭言にて取り上げられていた二宮金次郎(尊徳)、私もタ
イトルをお伺いした時にまず、例の少年の像を思い浮かべました。
本を読みながら歩くだなんて、羨ましく思う一方で、危険は無いの
か等と子どもながらに心配した記憶があります。

「薪を背負って本を読む少年の像」…さながら今の「歩きスマホ」
ですね。本に負けず劣らず手放せない機器ではありますが、皆様、
くれぐれも事故等にはご注意を!(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第12号

┌ 発行日:2014年05月09日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 貴重な国土保全資産
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 本部会報掲載情報
・お知らせ……………… 年会費納入のお願い/他
・編集後記……………… モバイルファーストの流れ

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
「貴重な国土保全資産 ~全国2400箇所のゴルフ場~」:中田和男

ゴルフ場は、1980年代に開発バブル時代を迎え、乱開発による緑の
喪失と水源涵養機能の破壊、農薬過散布と下流への放出等の批判に
さらされ、また寄託金問題で指弾を浴びてきた。しかしながら、開
発後30年の曲折を経て、現存するゴルフ場は意外にも、貴重な国土
保全資産としての側面も持っているのである。

以前から、我が国山林の荒廃と水源涵養機能の縮小が、或いは、全
国農用地の 1割、38万haにも及ぶ耕作放棄地の存在が問題視され、
その回復と活用について長らく議論されている。ところが、未だに、
効果的な対策は得られていない。それに比べゴルフ場は、全国に
2400余箇所、我が国山林面積の 1%に匹敵する総面積30万haを擁し、
大きな国土保全機能を有している。

ゴルフ場は、 1箇所あたり約 100haの面積を有し、その用地の 4割
が芝地、 5割が植栽と、実に用地の 9割が高度に管理された緑地空
間となっている。このため、国土保全上、環境保護上、貴重な機能
を有するところである。また、芝地及び植栽木の生育に伴う蒸散水
量は、年間 11.7億tとされており、蒸散による温度調節機能により、
気候変動の防止にも大きく寄与していることになる。

ゴルフ場の広大な敷地を活用して、太陽エネルギー活用、風力発電
等、自然エネルギー発生エリアとして利用することも考えられる。
更に、用地管理上発生する刈芝、剪定枝といったバイオマス資源も、
今後、重要なエネルギー源となりうる。そして、広域災害対策とし
て、ゴルフ場の各施設を公共活用し、防災支援基地を設ける意義も
付け加えておきたい。防災設備としては、エネルギー供給だけでは
なく、非常時通信や災害対応のソフトウェア等も考えられるだろう。

我々システム監査人の立場としても、敷地保全やエネルギー、防災
といった設備に付随する各種ITシステムの開発、運用に注目し一度、
ゴルフ場という既に存在する資産の有効活用を図って行く事を考え
てみてはいかがだろうか。

 

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
5月16日(金)第 146回 定例研究会(ご案内済み)

6月14日(土)第 42回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

 

○セミナー情報:小河裕一

当支部主催のセミナーの情報です。(申込受付中)
セミナー名:「システム監査体験セミナー(入門編)」
開催日時 :2014年 6月28日(土)10:00 ~ 17:00
開催場所 :大阪大学 中之島センター
申込締切 :2014年 6月15日(日)

グループワーキングでシステム監査プロセスの一部を疑似体験できる
プログラムとなっております。

詳細内容およびお申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/kansa_nyumon20140628.html

 

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【事業計画】

・ 平成26年度の支部活動方針及び活動計画を掲載しています。
→ http://www.saajk.org/?cat=165

【各種手続・手順書】

・ ITサービスに関する各種手続・手順書を更新しています。
→ http://www.saajk.org/?cat=171

【定例研究会報告】

隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

2014/03月開催分の報告を掲載しました。

・ 3月支部定例研究会報告 小河裕一氏
→ http://www.saajk.org/?p=2724

 

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部、SAAJ近畿支部会員の神尾博氏が本部会報の「2013
年度 会報アワード」を受賞!

2013年 1月から12月までの会報記事の数ある投稿の中から、受賞者
が発表されました!会報に載ることもさることながら、アワードで
副賞として頂けるモノも魅力的。SAAJの活動を盛り上げると共に、
副賞も嬉しいという、一粒で二度おいしいですね。皆様もトライさ
れてみてはいかがでしょうか?(下田あずさ)

詳しくはこちらへ!
→ http://www.saajk.org/?p=2672

 

○SAAJ近畿支部会員の荒町弘氏の「東日本大震災から 3年」が本部
会報に掲載

BCP は氏の十八番。毎年3.11を迎えるたびに、改めて気概が湧き上
がってくるそうです。災害に対してITで何ができるか?皆さんも本
稿をヒントに、一度熟思してみてはいかがでしょうか。(神尾博)

詳しくはこちらへ!(2014年03月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201404SAAJKaihoNr157.pdf

 

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ「目目連」が本部会報に
掲載

会報アワードを受賞された神尾氏は、毎回ITと異界妖怪を絡ませた
大変面白いコラムを投稿されています。今回も、身近に浸透しつつ
ある魔法のようなIT技術への期待と警鐘が込められています。
(金子力造)

詳しくはこちらへ!(2014年03月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201404SAAJKaihoNr157.pdf

 

○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の「システム監査と税制改革 (3)」
が本部会報に掲載

会計には強くない私ら凡人には、理解しづらい部分もあるが、制度
設計が重要である点は分かる。新税は、国税、県税、市町村税と多
岐に渡り、徴税コストが心配。マイナンバーの出番か?(吉田博一)

詳しくはこちらへ!(2014年03月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201404SAAJKaihoNr157.pdf

 

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹

すでに本年度(2014年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると
思いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込
金額により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

いまやスマートデバイス全盛の時代、PCが無くてもかなりの事柄が
PC同様に実現可能になってきています。私自身、スマートフォンは
手放せなくなっていて、調べものがちょちょいと出来たり、出先で
の検索もスイスイ、便利さを実感しています。

以前は、PC用サイトとスマホ用サイトとの操作性の違いを感じ(PC
用サイトの方が使い勝手が良いと感じていた)、わざわざスマホ用
サイト→PC用サイトに切り替えたりもしていましたが、最近ではス
マホならではの機能を活かしたサイト造りも増えたなぁと感じます。

モバイルファーストという言葉がありますが、サイトを作成する際
にも、先にスマートデバイス等のモバイル端末をメインターゲット
として捉え、開発していく流れが主流になってきている、そんな時
代が到来しているのですね。

これからもITの世界は変化し続けることと思います。その流れの中
で、必要なものを自ら選び取れるようでありたい、と感じる今日こ
の頃であります。

このメルマガは 1行全角30文字と、縦長スタイルで読みやすくなっ
ております。またアーカイブをまとめて見られるサイトの方も、上
方へのスワイプでどんどんスクロールできます。
http://www.saajk.org/?cat=8
通勤電車でのスマホやタブレットでもどうぞ!(あ)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第11号

┌ 発行日:2014年03月05日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… タコツボの中の自分!?
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 本部会報掲載情報
・お知らせ……………… 年会費納入のお願い
・編集後記……………… ハブりたい私?!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「タコツボの中の自分!?」:小河裕一

2014年が明けてはや 3月となりました。よく「 1月はいぬ 2月は逃
げる 3月は去る」と言われます。この間、正月準備をしたはずが、
もうおひな祭り。 3月は始まったばかりですが油断しているとあっ
という間に過ぎていきます。会計年度でいうところの「2014年度」
が始まる前に年度の成果目標を 3月中に立てられる方も多いのでは
ないでしょうか?私自身も「何をしないとだめなのか。また何をや
りたいのか」を見据えてしっかりと目標を立てる予定です。

さて某TV番組で各都道府県の県民性を紹介するものがあります。結
構有名なので見たことがある方も多いことでしょう。「モータープ
ール」という言葉が通じるのは関西だけだとか、奈良ではお雑煮の
お餅を取り出してきな粉をつけて食べるとか。私は「とりのこ用紙」
が通じなくて困ったことがあります。この番組で「これって地元だ
けなんだ」と知ったことはありませんか?「あたりまえ」と見なし
ていた事が実は他所では「当然」ではなかった。「へぇ~」と感心
したり驚いたり。自分の地元の考え方だけではなくて、他の食べ方
や料理法、呼び方を取り入れてみると生活の幅が広がるに違いあり
ません。

このことを「自分の仕事に持ち込んだら何か面白いことにならない
か、今までの課題が解決できないか」なんて考えてみてはどうでし
ょう。自分が働いている会社の中だけで通じる風習であり考えであ
るのにそれを知らずに束縛されてしまっていないか?そんなことが
浮かんできたときに、J-CAST会社ウォッチのサイトで次の一文を目
にしたのです。

「今の自分がタコツボの中で仕事をしていないか、社内限定スキル
ばかり身につけてしまっていないか、社外の人脈はどれくらい持っ
ているか」

私たちが関わっているシステム監査、情報セキュリティ監査をはじ
め「内部監査」という業務は組織の目標達成に対して診断、評価を
して被監査部門へ提言を行うとともに経営者に状況を報告するとい
う役割を担っています。非常に重要な業務ではありますが、反面、
組織内の慣習・常識・風習に従って監査を実施していれば、十分業
務ミッションをこなせてしまう可能性があるのではないでしょうか?

自社内でしか通用しないのに世間一般的なものなんだと認識してい
る。これこそが「 7つの習慣」で言われている「パラダイム」に通
じるものでしょう。タコツボの中だけで仕事をしないためには「パ
ラダイム・シフト」を実践して、目から鱗のような事柄や考え方を
吸収しながら仕事をしていくことで、何か劇的な改善ができたりす
る可能性があるに違いありません。そのための手段の一つとして、
SAAJK研究会や情報交換会に参加して色々な知見を広めることのよ
うに「外の情報を仕入れる」ということは非常に重要なことだと確
信した次第です。

みなさんも新年度の目標を立てるにあたって、少し目線を変えてみ
て、他の考え方を取り入れてみるということにチャレンジしてみて
はいかがでしょうか?そこから新たな発見、考えが出てくるに違い
ありません。例えば「おでんにカラシ」ではなく「おでんに生姜醤
油」を試してみることで自分の中で「生姜醤油」の新たな使い方が
見つかるかもしれないように……

 

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
3月20日(木)第 145回 定例研究会(ご案内済)

4月19日(土)第 41回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

 

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【会員紹介】
第 6回の記事を掲載しています!

システム監査法制化プロジェクト主査としてロビー活動にも積極
的に取り組まれている田淵氏に語っていただきました。

・会員紹介記事 Vol. 006 田淵隆明氏
→ http://www.saajk.org/?p=2650

【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

2013/12月開催分の報告を掲載しました。

・12月支部定例研究会報告 是松徹氏
→ http://www.saajk.org/?p=2642
2014/01月開催分の報告を掲載しました。

・ 1月支部定例研究会報告 鬼松嵩氏
→ http://www.saajk.org/?p=2620

【総会資料、支部規約等】
第13期日本システム監査人協会近畿支部総会(2014/01/17開催)
にて承認されました資料について掲載しております。

・支部規約を更新しました。
→ http://www.saajk.org/?p=1653

【各種手続・手順書】
ITサービス Gでは順次、ITサービスのルール、ガイドライン、手
順書を整備中です。

・近畿支部サイト(http:www.saajk.org)管理手順書【簡易版】
→ http://www.saajk.org/?p=2546

 

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の「システム監査と税制改革」が
本部会報に掲載

消費税UP直前と言えば、まず思い浮かべるのが日用雑貨の買い貯め
……いや、ちょっと待ってください。システム監査人なら知ってお
くべきことがあります。(神尾博)

詳しくはこちらへ!(2014年02月号の会報 PDFが開きます)
http://www.saaj.or.jp/members/201402SAAJKaihoNr155.pdf

 

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ「憑依」が本部会報に
掲載

私物PCからの情報漏えいと言えば、一昔前の Winnyが思い浮かぶが、
氏は憑依の現代版として、BYODのみならず、経営幹部の私物スマー
トデバイスやサポート切れソフトに対して、システム監査視点から
警鐘を鳴らす。(吉田博一)

詳しくはこちらへ!(2014年02月号の会報 PDFが開きます)
http://www.saaj.or.jp/members/201402SAAJKaihoNr155.pdf

 

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹

すでに本年度(2014年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると
思いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込
金額により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

巻頭言での引用元には「今の自分が……」のフレーズでググってた
どり着きました。『タコツボ』や『キャリアの柔軟性』…身につま
される記事でした。誰にもわからない、変化の激しい世の中。サス
ティナブル社会やワーク・ライフ・バランス等を念頭に置き、自分
自身もできるだけ柔軟性を、と目指しているつもりでも、直面して
みないと分からないことが多い、とも感じております。

昔から、ITの世界はドッグイヤー(もしくはマウスイヤー)との言
もありましたが、業界にかかわらず、10年先のことは誰にもわから
ない、今ある価値観では測れないことが次々に出てくる、しかもど
んどん加速していく現代ではないでしょうか。

先日、雪もちらつく極寒の 2月初旬に、久々にITサービスG のオフ
会議に参加しました。IT知識としても監査経験としても、まだまだ
若輩な私ではありますが、メルマガ編集長として「SAAJK の情報ハ
ブ」にあたる役割を担っていって欲しいとの声も頂きました。

「ハブ」そのものの機能も変化してきた世の中です。 LANで使うハ
ブは、ダムHUB,10Mbps→スイッチングHUB,100Mbps→V-LAN,1Gbpsと、
急速に機能・性能向上を重ねてきました。目まぐるしい変化、私は
その中で、世の中に対して貢献できることがあるのだろうか。自ら
の興味関心や経験等とリンクさせつつ、人やものを柔軟につなげて
いける、そのような「進化し続けるハブ」を目指したいと考えてい
ます。(あ)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第10号

┌ 発行日:2014年01月08日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 円と楕円
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 法制化PTのロビー活動報告/他
・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
・編集後記……………… サスティナブル、次ステージへの第一歩

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「円と楕円」:是松徹

平成も四半世紀が過ぎ、26年目の新年が始まりました。みなさまは、
この年末・年始をいかがお過ごしでしたでしょうか。

昨年の話題の一つに、神の粒子と言われたヒッグス粒子の存在を予
言したヒッグス博士他のノーベル物理学賞受賞がありました。背後
にはその先鞭をつける理論を提唱した南部陽一郎博士や素粒子論興
隆の発端である中間子論の湯川秀樹博士を始めとして多くの日本人
の活躍があり、大変誇らしく思います。我々に関わりがあるITや通
信等の情報基盤も当然自然現象をベースとしており、普段は特に意
識をしないものの、根底では物理学が関与していることになります。

その物理学の黎明期に、ドイツ人学者ヨハネス・ケプラーは、師の
ティコ・ブラーエが長年に渡って蓄積した火星の観測データを入念
に分析し、有名なケプラーの三法則を発見しました。データと理論
で角度にして 8分の食い違いがあることにこだわり続けた結果、そ
れまでの円軌道と一様な回転運動という通念を覆し、火星が太陽を
焦点とする楕円軌道を描いていることを突き止めました。このこと
を、朝永振一郎博士は、著書「物理学とは何だろうか」の中で、「
観察事実に拠り所を求めつつ法則を追求する」物理学の性格が確立
されていく事例として取り上げています。

この話は監査にも通じる気がしています。現場、現物、証憑等を職
業的懐疑心を持って確認する中で奥に潜む課題を抽出し、本質的な
提言を行う実証的なアプローチが求められています。監査リソース
や監査スケジュールの制約がある中で、どこまで監査人が自身の懐
疑心に忠実に、経営管理視点に立った監査結果を求めてこだわり続
けられるかが問われているのではないでしょうか?
頭の中だけで考えた「円」にとらわれず、具体的な監査対象から本
質である「楕円」を導き出すことが重要と考えます。

今年は、折返し点の6月にサッカーW杯ブラジル大会が開催されます。
ボールは円く、どう転ぶかわからないため、日本代表の健闘も大い
に期待できると思います。一方、近畿支部では2014年度事業計画に
則り、着実に、定例研究会や研究プロジェクト、運営・サービスグ
ループ等の諸活動に取り組んでいきます。本年も引き続き、支部会
員のみなさまの積極的なご参加、ご協力をお願いいたします。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:是松徹

・今後の予定は次の通りとなっています。
1月17日(金)第 143回 定例研究会(ご案内済み)
※当日は、定例研究会前に支部総会を開催します。

2月15日(土)第 40回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー開催報告:広瀬克之

2013年11月16日(土)に当支部主催の「事例に学ぶシステム監査
の基本と応用」が開催されました。

→ http://www.saajk.org/?p=2461

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

11月開催分の報告を掲載しました。

・11月支部定例研究会報告 馬場秀樹氏
→ http://www.saajk.org/?p=2480

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏の「システム監査の法制化等のロ
ビー活動報告書(2013年度)」が本部会報に掲載

従来型のプロジェクト活動とは全く毛色が異なるロビー活動の報告
です。システム監査のプレゼンス向上や周辺の政策提言等に向け、
外に討って出て行動する氏の奮闘ぶりをご紹介します。(是松徹)

詳しくはこちらへ!(2014年01月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201401SAAJKaihoNr154.pdf

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏のエッセイ「瓜子姫」が本部会報に
掲載

日本の民話「瓜子姫と天邪鬼」を題材にして、現在のIT社会におけ
る「なりすまし犯罪」と「システム監査人の力量」について主張さ
れています。(吉谷尚雄)

詳しくはこちらへ!(2013年11月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201311SAAJKaihoNr152.pdf

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【再録】各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して
:下田あずさ

本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
(新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)

→ http://www.saajk.org/?p=1633

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

前号にて(神)さんに編集後記を託し、編集業務そのものも皆様に
お願いし、今号から復帰いたしました、(あ)こと編集長の下田で
す。無事に第二子を出産しました!育児ドタバタのまっただ中では
ありますが、ひとまず戻ってこられたことに感謝であります。

出産および、 3年ぶりの新生児育児の中では、懐かしさと新鮮さが
日々いろいろと入り混じっております。

正直なところ、乳幼児 2人との生活を無事に過ごすだけで精いっぱ
い、夜は一緒に寝落ち、その後も夜勤(=夜中の授乳等)や上の子
の赤ちゃん返り対応、そして慢性的寝不足…全く頭が働きません…
な状況でのメルマガ発行準備、そりゃもう後手後手であります、ス
ミマセンスミマセン…

そんな時にも、出産前に準備していた下書き原稿に助けられたり、
管理シートでの共有が役立ったり。何事も備えは有益ですね。

また、どうしても家の中という狭い世界にこもりがちになる乳幼児
育児期だからこそ、SAAJのような別の場があることは、頭の切り替
えにも役立っていると感じます。(いつも以上にぼやーっとしてま
すが…)

サスティナブル社会という意味での私の実感として、確実に、出産
は一度、世間から隔離されます。心身ともに。産後 1ヶ月、 2ヶ月、
3か月、とそれぞれ節目での変化を感じていて、そこにはホルモン
バランスも関連していたり、ややこしいです(笑)。でもそれはい
ずれ落ち着くハズのものでもあり、実際、こうして少しは復活もし
てきている私自身がいます。

出産や育児に限らず、介護や闘病等の事情での一時離職等も、男女
問わず今後は増加すると思います。たとえ一度隔離されたとしても
また戻りたいと思っている人がいるならば、随時戻れるような柔軟
な社会を目指したい、改めてそう感じています。

サスティナブル体現中(?!)の身としましては、第二子も含めて
の定例会参加など、ぼちぼちとリアルの場にも登場していきたいと
思っております。New Faceも含めて、お見かけの際にはよろしくお
願いいたします!(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:是松徹、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 9号

┌ 発行日:2013年11月06日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 2014年に向けて
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 電子メール川柳集(1998年)復刻!
・お知らせ……………… 2014~2015年サポーターを募集します
・編集後記……………… IT一休さん

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「2014年に向けて」:吉谷尚雄

2013年も残りわずかとなり、私のクラウドベースのカレンダーの予
定欄にも2014年の案件が埋まり始めています。現在はフリーランス
ですので、クラウドを利用すると自宅のデストクップPCのみならず、
出先のモバイルPCやスマホでも内容確認、変更が簡単で便利です。
さて、2014年に予想される” 自分のビジネスに関係する事” で重大
なものは何かを考えてみました。

(1) 今年、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証規
格は ISO27001:2013に改訂されました。2014年には JIS規格化され、
認証規格の改訂版への移行審査が本格化するでしょう。
これは ISO規格の「定期見直し」「共通テキスト」及び「共通用語
・定義」に基づく改定です。「共通テキスト」は、企業が品質や環
境等、複数のマネジメントシステムを導入することを考慮して規格
要求事項の50%以上を同一とするものです。複数のマネジメントシ
ステムの統合が容易となります。

(2) 「EU個人データ保護規則案」が可決成立し、日本の個人情報保
護も大きく動き始めるでしょう。現行の「EUデータ保護指令」での、
EU各国がそれぞれデータ保護指令に基づいて国内法を整備してきた
バラツキの弊害解消、インターネット社会の進歩に伴う改定です。
個人情報の直接書面による取得時の保管期間の明示、個人情報の本
人による消去の権利等、新しいルールが企業に求められます。

2014年はシステムの監査の周辺では以上のような大きな動きが予想
されています。インターネット社会においては、変化は急速です。
ISMSの改定に関しては企業に多くのメリットが予想されます。しか
し、「EU個人データ保護規則案」成立伴う動向については、日本の
法令・規制要求事項の整備が時機を得たものになるか、否かは重大
な問題です。「EU個人データ保護規則案」は、企業内の管理ではな
く、コンプライアンスを求めているからです。

一方、「システム監査」そのものでは、システム監査の ISO化が期
待されます。テクニカルレポートとして国際的に認知され信頼され
ることにより、システム監査人の社会的地位の向上も期待されます。
システム監査人は ISOの土俵の上でのグローバルな活動となります。
ISO19011:2011 (マネジメントシステム監査のための指針)は土俵
の主たる部分です。システム監査人に必要な力量要件の一つとして
加える段階に来ています。

何事についても言えることかもしれませんが、勉強することが多く、
疾走する駿馬の如く忙しい 1年になりそうです。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
11月15日(金)第 142回 定例研究会(ご案内済み)
11月23日(土)西日本支部合同研究会(ご案内済み)
12月14日(土)第 143回 定例研究会(準備中)
(12月度は ISACA大阪支部との合同開催です)

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:広瀬克之

当支部主催のセミナーの情報です。

セミナー名:「事例に学ぶシステム監査の基本と応用」
開催日時 :2013年11月16日(土)13:00 ~ 17:00
開催場所 :常翔学園 大阪センター
申込締切 :2013年11月10日(日)

お申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/jirei20131116.html

○セミナー報告:広瀬克之

2013年 9月21日(土)/22日(日)に当支部主催の
「システム監査体験セミナー(実践編)」が開催されました。

→ http://www.saajk.org/?p=2317

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております。

9月開催分の報告を掲載しました。

・ 9月支部定例研究会報告 是松徹氏

→ http://www.saajk.org/?p=2287

【研究論文/他】

発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「 J-SOXへの取組みと内部監査の考え方」
是松徹氏

→ http://www.saajk.org/?p=1930

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○電子メール川柳集(1998年)復刻!:神尾博

遡ること15年前の1998年に、近畿支部(当時は近畿会)10周年記念
事業として発刊された「電子メール川柳集」をPDF で復刻しました。
当時のIT事情がうかがえる句、現在でも通用する句、ユーモアや機
知にあふれる句など、バリエーションに富んだ作品集です。

→ http://www.saajk.org/?p=1932

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○サポーター募集:林裕正

2014年度~2015年度( 2年間)のSAAJ近畿支部サポーターを募集し
ます。要綱は下記 URLの通り。締切は11月末日です。新規に教育サ
ービスG も起動します。一緒に近畿支部の運営をデザインしましょ
う!

→ http://www.saajk.org/?page_id=1710

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「IT一休さん」

第 1話「コノハシワタルベカラズ」
奇矯屋「立札のせいで、橋を渡れなくて困っているんです」
一休「オスプレイなら川向まで一っ飛びですよ。ただし制御コンピ
ュータは毎秒何万といったセンサやアクチュエータの情報量を処理
していますので、バグ一つで墜落するかも知れませんが」

第 2話「夜毎の虎」
将軍芳蜜「夜な夜な徘徊する屏風の虎を捕えてみよ」
一休「まずは3D化ですね。平面画像では無理ですから、本物の虎を
市販の3Dカメラで撮影してください。あるいは赤青式といってセロ
ファンのメガネを使うやり方もあります」

第 3話「牡丹餅は危険?」
暗黒寺和尚「この牡丹餅は大人になるまで食べてはいかん。落命す
るぞ!」
一休「市販の放射線測定器でチェックしましたが、問題ありません。
それよりも和尚さまの血糖値の方が心配です」

3Dカメラも放射線測定器も血糖値測定器も、そしてオスプレイのラ
ジコンも数千円~数万円で購入できます。いずれもエンベデッド(
組込)システム内蔵。

今回は 1回限りのショートリリーフを仰せつかりました。次回から
また(あ)さんへバトンをお返しする予定です。(神)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: *******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 8号

┌ 発行日:2013年09月04日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「五合目なう」
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… 25周年記念研究大会/他
・編集後記……………… 編集長もサスティナブルで!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「五合目なう」:金子力造

猛暑に見舞われた皆様に、今度は残暑お見舞い申し上げます。
そんな酷暑の中、世界文化遺産に登録された富士山は、この夏一番
の注目スポットとして人気のようです。

支部活動を補完するためスタートしたITサービスも 5年が経過しま
した。登山なら五合目あたりでしょうか。五合目は 2300mくらいで
すから、かなり上かというと富士登山ではまだ入口付近だそうです。

ひとりで登り始めたITサービスも仲間が増え装備も充実しチームと
して様々なルートを通ることが可能になりました。このメールマガ
ジンもその成果の一つです。

活動は20周年行事で広報として参加した事がきっかけでしたが、当
時は広報しようにも支部サイトどころか自由に発行できるメールも
なく、ITの協会なのにIT活用が遅れている!?という状態に愕然と
したものです。

それから、WG活動を経て支部サイトを立ちあげ、ITサービスグルー
プとしてステージアップすることが出来たのは、理事の方々やグル
ープメンバーの皆様のおかげであると感謝しております。

ただ難しいアタックが可能になった反面、リスクも増しています。
中高年の登山でもいえることですが、ITサービスも無理をすれば事
故につながります。メンバーのロープを支えに一歩一歩足場を確保
しながら、 NPOとして持続可能なITサービスと妥当なコントロール
を模索し、さらに上のステージを目指して行きたいと考えています。

さて富士登山ですが、五合目から先には吉田ルートという登山道が
あります。初心者向けですが、それでも登り 6時間以上はかかるそ
うです。行かれる方は十分注意してトライして下さい。

一方、吉田参与が支部長時代に敷かれた吉田ルートは、今も各プロ
ジェクトそれぞれのメンバーが登り続けています。
新たなルートの開拓も募集しているそうですので、ぜひ皆さんも挑
戦してみて下さい。

この夏は立山に挑戦しました。肉眼での雲海眺望は登った人だけの
特典です。次は富士山かな!?もちろん五合目より先へ。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
9月20日(金)第 141回 定例研究会(ご案内済み)

10月19日(土)第 39回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画した DVDを視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:広瀬克之

当支部主催のセミナーの情報です。

セミナー名:「事例に学ぶシステム監査の基本と応用」
開催日時 :2013年11月16日(土)13時~17時
開催場所 :常翔学園大阪センター

準備が出来次第、メールでご案内致します。

○セミナー報告:広瀬克之

2013年 6月22日(土)に当支部主催の「システム監査体験セミナー
(入門編)」が開催されました。

→ http://www.saajk.org/?p=1996

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【25周年記念研究大会での発表論文/他】

下記に「近畿支部創設25周年記念研究大会」記念誌に掲載された
論文等を公開しています。

→ http://www.saajk.org/?cat=76

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○25周年記念研究大会報告:是松徹(実行委員長)

下記に「近畿支部創設25周年記念研究大会」の報告を掲載してい
ます。

→ http://www.saajk.org/?p=2063

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の時事論評「ミリタリーITパラドッ
クス」が本部会報に掲載

インテル社の 80386プロセッサは商用利用で過去のものとなった
時もパトリオットミサイルで軍事用として利用されている(参照
WikiPedia )。製品寿命が長く、再設計されないシステムでは、
部品供給の継続性は製品の寿命を握る。ミリタリーIT分野は、IT
のビジネスの持つ課題を顕著化する傾向にあるといえる。こうし
た本質を扱った話題も、初めて知った瞬間は意外性を感じるはず。
(永田淳次)

詳しくはこちらへ!(2013年08月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201308SAAJKaihoNr149.pdf

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

猛暑の予想どおりの夏本番、みなさま、ご無事でしたでしょうか?
25周年の記念行事も無事終了し、今号にて詳細報告もさせて頂くこ
とができました。改めて、振り返りと今後についても、また色々と
考えていけたら、と思います。

さてこのたび、編集長(下田)は第二子出産に備え、産休育休に入
らせて頂くことになりました。職場を始め、SAAJの皆様にも、大変
お世話になっている中、少しでも早く復帰できるよう、まずは自分
の出来るところからコツコツと、準備していきたいと思っています。

メルマガの編集長という業務を仰せつかり、早くも一年が経ちまし
た。原稿執筆やレビュー等を行う中で、「誰でもいつでも交代可能」
な業務を、といわゆる「見える化」を目指してきました。

管理シートの使い方など、始めから完璧だったわけではなく、今も
皆様と一緒に試行錯誤の日々です。発行に際しての失敗もあったり、
まだまだ改善の余地も多いと思います。ただ、目指すところは当初
から変わらず、「サスティナブル」です。

今後、私自身の生活が変化していく中で、社会における役割の一つ
として何らかの形で続けていきたいと思う、そんな活動がSAAJであ
りメルマガであります。

編集長業務もサスティナブルで!無事に戻ってこられるよう、まず
は出産を頑張ってまいります!(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: ******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 7号

┌ 発行日:2013年07月09日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「蝉時雨」
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・お知らせ……………… 【再録】各種MLの登録アドレス変更手順
・編集後記……………… 猛暑がやってくる?!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「蝉時雨」:神尾博

いよいよ梅雨が明け、蝉の季節である……文学的に言い古された表
現だが、科学的には正確ではない。

蝉は孵化後、幼虫として 3~17年もの間、地中で過ごすそうだ。つ
まり蝉の季節はこれを 4倍して12~68シーズン。ビジネス情報シス
テムでも、17年も稼働するものは稀だろう。ずいぶん長寿な昆虫で
ある。そのうちでライフサイクルの終焉機である成虫の時期は、せ
いぜい 1ヶ月に過ぎない。

多数の個体がこの短期間にまとまって羽化する理由は、捕食者であ
る鳥や蜘蛛等からの被害の極小化である。奴らが満腹になれば、一
定数以上は餌食になる恐れはない。つまり相手機器を処理能力オー
バーに追い込む、DDoS攻撃のようなものだ。こちらは C&Cサーバか
らボットネットへ一斉に起動をかけるが、蝉が羽化のために地中か
ら這い出る時期は、毎日の積算温度に影響されているらしいという。

その成虫では、早朝からけたたましく、深夜まで外灯の近辺で鳴き
声が響くオスに比べ、メスは一見温和に感じられる。ところがクマ
ゼミのメスは意外にもITの大敵である。枯れ木と間違えて屋外の光
ファイバーケーブルに産卵し、芯線を損傷させる事も多いからだ。
被覆を生木のような材質に変えたり、芯線を強固な素材の防護壁で
ガードしたりといった対策がなされているそうだ。

一方の幼虫は、地面というファイヤーウォールに守られ、その内側
である地中での脅威と言えば、たまに出くわすモグラ等の小動物く
らいである。そしてもうひとつの天敵は、冬虫夏草の一種である蝉
茸(セミタケ)。この菌は体内へ侵入後、やがて脳を乗っ取り、本
体を地表へ発芽しやすい場所にまでコントロールするといった学説
もあるくらいだから、現代の多機能マルウェア顔負けである。

ITセキュリティにおいても「ゲートウェイ対策をしているから、エ
ンドポイント対策は必要ない」というわけではない。パソコンやス
マホにはしっかりとワクチンソフトを導入しておこう。

ついに雨季が過ぎ去り、蝉の繁殖の季節である。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
8月17日(土)第 38回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会の DVDを視聴予定
9月20日(金)第 141回 定例研究会(準備中)
☆なお、 7月度は研究大会を開催したため、定例研究会はお休み
とさせて頂きます。

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:広瀬克之

当支部主催のセミナーの情報です。

セミナー名:「システム監査体験セミナー(実践編)」
開催日時 :2013年09月21日(土)10:00 ~ 20:00
2013年09月22日(日)10:00 ~ 17:00
開催場所 :大阪産業創造館
申込締切 :2013年09月08日(日)

お申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/taiken20130921.html

○25周年記念研究大会ご協力への御礼:是松徹(実行委員長)

7月 6日(土)に開催した支部創設25周年記念研究大会は、94名
という多くの皆様に参加をいただき、盛況のうちに終了すること
ができました。お暑い中、最後まで熱心に発表やパネルディスカ
ッションでの議論に耳を傾けていただき、誠にありがとうござい
ました。

テーマとした「システム監査の新領域への対応」について皆様が
抱かれた関心や疑問に少しでも応えられる内容をご提供できたと
すれば幸いです。

これからも、近畿支部の諸活動について、引き続き、ご支援・ご
協力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

研究大会の詳細については後日、本部会報、近畿支部サイト、次
号メルマガ等でご報告いたします。

なお、研究大会の発表論文と投稿頂いたエッセイで構成した研究
大会の「記念誌」の在庫が少しあります。入手を希望される方は、
500円でお分け致しますので、下記までご連絡ください。
******@saajk.org

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【会員紹介】
第 5回の記事を掲載しています!

今回取材の浦上氏からは、組込ソフトウェアの開発や監査部門で
のご経験、今後のIT部門の課題などを語っていただきました。

・会員紹介記事 Vol. 005 浦上豊蔵氏
→ http://www.saajk.org/?p=1812

【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

5月開催分の報告を掲載しました。

・ 5月支部定例研究会報告 阪口博一氏
→ http://www.saajk.org/?p=1904

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して:神尾博

本部、近畿支部、近畿支部役員会等の各メーリングリストの登録
アドレスの変更手順は、近畿支部サイトに掲載されています。
(新規登録&削除については、入会&脱会に連動していますので
本部サイト「http://www.saaj.or.jp」をご覧下さい)

→ http://www.saajk.org/?p=1633

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

蛙の声を本格的に聞くか聞かないかのうちに、蝉時雨の季節が迫っ
て参りました。夏本番はこれからですね。

近畿支部創設25周年記念大会も大盛況のうちに終了いたしました。
皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

今年の夏の気候は、猛暑の予測と聞いています。巻頭言にもあるよ
うに、蝉達も気温変化を伺いつつ、出現の時をいまかいまかと待っ
ていることでしょう。

セキュリティ関連対策も同様に、「いまかいまか」と狙いをすまし
ている脅威があるかもしれない、という観点で、改めて環境設定等
を確認してみると良いのではないでしょうか。

夏休み等の長期休暇も見据えて、早めの対策で、安心の夏を迎える
ことが出来ますように。そして「猛暑」に対しても、適宜の休息等
を取り入れて、体調を崩すことなく乗り切りましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:年 6回(奇数月)+臨時増刊
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: ******@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 6号【臨時増刊号】

┌ 発行日:2013年06月05日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「石の上にも五年」
・特集…………………… 25周年記念研究大会 プログラム詳細
・お知らせ……………… 【重要】年会費納入のお願い
・編集後記……………… もうすぐ記念大会!ワクワク!?

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「石の上にも五年
~20周年からシステム監査 2.0へ思いを馳せる~」:吉田博一

番号法案(いわゆるマイナンバー法)が 5月24日、参議院で可決、
成立し、2016年01月から運用が開始することになった。このマイナ
ンバー関連のシステムの整備費用は、新規開発で約 350億円、既存
の整備に約2350億円と膨大で、地方自治体の業務システムの改修費
も含まれるそうだ。韓国では、システム監査により、国民にとって
利便性の高い電子政府のシステムを低いコストで導入できたと評価
されている。

マイナンバー導入に際し、当然システム監査が導入されるべきであ
ろう。その成否が今後のシステム監査の普及の試金石となるかもし
れない。

ところでマイナンバーは、個人情報保護の懸念と役所の届出書類の
省略という利便性等功罪如何との議論が沸いているが、行政の仕組
みを大きく変える可能性がある。米国等では、これまでの住民から
の申請→サービスの提供という一方的な流れから、住民へ提供でき
るサービスを提示→選択する、住民からの要望→対応を Webで公開
するという双方向のサービスに変える「ガバメント 2.0」の取り組
みが進んでいる。

この「ガバメント 2.0」とは、Tim O’Reillyが打ち出したものであ
るが、彼が2005年頃に提唱した「Web2.0」(プラットフォームがOS
から Webへ変化したとするものなど)はご存知の方も多いだろう。

さて、もう一つ 2.0がある。「システム監査技術者試験シラバス
Ver2.0」だ。昨年 5月に改定された。システム監査が前提となる社
会=「システム監査 2.0」への地殻変動も進んでいる傍証である。

思い起こせば2008年に開催した20周年記念シンポジウム。当時、私
は支部長をしていた。そしてあの時、システム監査はその存在意義
を問われた。あれから早や 5年が経った。石の上にも三年どころか
五年である。この間、近畿支部では様々な研究プロジェクト活動が
行われるようになった。これらの活動が、サスティナブル社会への
貢献を目指しながら、パラダイムシフトするシステム監査 2.0に進
化できるであろうか。研究大会では、そんなことを考えていきたい。

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○近畿支部創設25周年記念研究大会のご案内

先日、SAAJK ML[saajk:00071] でもお知らせいたしました通り、
近畿支部創設25周年記念研究大会が実施されます。
今回はメルマガ臨時増刊号といたしまして、プログラム詳細等を
ご紹介いたします。

●統一テーマ:システム監査の新領域への対応

●日時:2013年07月06日(土) 13:00~17:00
懇親会 17:30~19:30

●会場:大阪大学中之島センター 3階 講義室 304
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約 5分
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

●プログラム詳細
13:00~13:10 開会挨拶 :近畿支部 支部長 林裕正
司会 :研究大会実行委員長 是松徹

13:10~13:30 【研究プロジェクト報告①】雜賀努
:コンプライアンスのシステム監査研究プロジェクト報告
…情報通信技術の進歩により、情報システムと密接に関連
する法的問題を、コンプライアンス視点で点検・評価す
ることが、重要な課題となっている。本研究プロジェク
トでは一般企業(製造業)を対象とした情報システムを
対象に、コンプライアンスのシステム監査基準の策定を
目標として研究を行っている。今回は最終報告であり、
実際に使用できるものへのシェープアップを目指した。

13:30~13:50 【研究プロジェクト報告②】深瀬仁
:クラウド・コンピューティングのシステム監査
…クラウドにおける留意ポイントをシステム管理基準の章
(情報戦略・企画・開発・運用・保守・共通)ごとに、
追記したガイドラインを作成した。この取組みの中で、
システム管理基準との合わせが難しい内容、クラウドな
らではの留意点について報告する。

13:50~14:10 【研究プロジェクト報告③】永田淳次
: BCPと親和性の高い情報処理システムを目指して
…インシデント発生時に有効な機能を果たすITを示し、BCP
を少ないコストで策定するITシステムについて論じる。
BCP/BCM も戦略の一要素であり、ITも戦略技術である。
低コストで実効性のあるBCP/BCM があれば、安定した組
織活動の継続と製品やサービスの提供の実現が期待できる。

14:10~14:30 【研究プロジェクト報告④】中田和男
:新しい「IT事業者評価制度」導入の政策提言
…我が国のIT産業界は、最近に至り官民が一体となって業
界の構造改革を目指す動きが出てきた。各IT企業の経営
力・技術力を客観的に評価する制度・基準があれば、シ
ステム監査の大幅な効率向上に加え、官公庁の合理的な
発注先選定にも寄与し、更に業界内部においても自社の
改善目標として利用され、この構造改革の起爆剤になる
と考えた。そこで新たなIT事業者評価制度の政策を提言
する。

14:40~15:10 【研究発表①】木村修二、深瀬知寛
:対策型監査の効果と重要性
…情報セキュリティ対策では、「出口対策の実施」「情報
セキュリティ設計」が極めて重要となる。また、「対策
型監査(情報セキュリティの有効性評価)」として運用
監査と技術監査を一体型で行うことで効果的な改善につ
なげることが可能となることを、中央省庁で適用した事
例をふまえ報告する。

15:10~15:40 【研究発表②】松井秀雄
:保証型システム監査を可能にするアプローチ
…保証型システム監査の実施を可能にする方法を示す。
「経営者の言明書」を用いる事で保証する対象を明確に
限定し、システム監査人の責任範囲を限定できる事を述
べる。また、保証型システム監査報告書の使途を分類・
整理することで、システム監査人が負うべきリスクを明
確にし、分類タイプ毎に監査契約時や監査意見形成時に
注意すべき点を示す。

15:50~16:50 パネルディスカッション
:「システム監査2.0 への進化は可能か?」
…モデレーター:吉田博一
パネラー:浦上豊蔵、雜賀努、田淵隆明、
永田淳次、深瀬仁

16:50~17:00 閉会挨拶 :近畿支部 副支部長 是松徹

17:30~19:30 懇親会

●参加費:日本システム監査人協会会員 1,000円
ISACA 大阪支部会員     1,000円
一般            3,000円
懇親会費(希望者のみ)   4,000円

●定員:80名

●お申込みはこちらのホームページから!
なお、電子メールでの申し込みは受け付けておりません。

http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/kinki_taikai2013.html

●申込締切:2013月06月21日(金)
申込み人数が定員を超えた場合は、期日前でも自動的に申し込
みを締め切ります。

●お問い合せ
日本システム監査人協会近畿支部(E-mail: *****@saajk.org)
※お問い合せは、E-mailのみとさせていただきます。

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○【重要】SAAJ年会費納入のお願い:是松徹

すでに本年度(2013年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると
思いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込
金額により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

今回のメルマガは、初めての臨時増刊号です!プログラム紹介等、
大会パンフレットからの抜粋をご紹介いたしました。期待やイメー
ジが膨らんできましたでしょうか?プログラム詳細を見て頂くこと
により、少しでもワクワクしていただけましたら幸いです。

近畿支部創設25周年記念大会ということで、数多くの報告等が用意
されており、当日の盛り上がり具合も非常に楽しみです。交流の場
やディスカッションの場として、新たな発見の場として、多くの方
のご参加をお待ち申しております!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: *****@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 5号

┌ 発行日:2013年05月08日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「温故知新」
・トピック……………… SAAJ近畿支部サイト更新情報/他
・特集…………………… SAAJ近畿支部メルマガアーカイブ公開
・お知らせ……………… 各種MLの登録アドレス変更手順
・編集後記……………… 疲れてませんか?

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「温故知新」:是松徹

日本システム監査人協会近畿支部・副支部長の是松です。
春も深まり「処処啼鳥を聞く」心地よい季節ですが、みなさまは、
いかがお過ごしでしょうか。

さて、鳥ではなく、蜂がブンブンと羽音をさせることにちなんでバ
ズワードと呼ばれる流行語があります。IT業界では、クラウド、ビ
ッグデータ等がこれに当たるでしょうか。クラウドファースト、ビ
ッグデータ革命等が盛んに言われています。ただ、これら新領域へ
の期待が高まる一方で、ブラックボックス化が進み、本質がますま
すとらえにくくなるのではないかという懸念を抱いています。

こういう状況下であればこそ、いわゆる「原理・原則」へのこだわ
りが大事だと考えています。「原理・原則」は、過去から大きくは
変わっていないと感じています。ITの面から見た「原理・原則」は、
基本技術の背景と仕組み、課題、システムライフサイクル全般に渡
る心得、勘所等になると考えます。

監査人は業務ではなくコントロールのプロたれと言われます。これ
は、業務は現場サイドの方が精通しているため、監査人は、コント
ロールの評価で勝負すべしという事を述べています。監査人が、コ
ントロールの整備・運用状況について「原理・原則」に照らして必
要性・妥当性等に疑義を抱いた場合は、速やかに意見表明すること
が大いに重要と考えます。

IT分野の新領域が拡大する中、過去から受け継がれている「原理・
原則」に改めて目を向け、限界を認識した上でこれを踏まえた提言
をしていく事が、本質に迫るアプローチ足り得ると思えてなりませ
ん。みなさんは、いかが思われるでしょうか?

最後に、私のささやかな抱負を賢治の詩に託して述べてみます。
ミンナニゲンリオウ(原理翁?)トヨバレ ホメラレモセズ
クニモサレズ サウイフモノニワタシハナリタイ

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
5月17日(金)第 140回 定例研究会(ご案内済み)

6月15日(土)第 37回 システム監査勉強会(準備中)
第12期通常総会における特別講演のDVDを視聴予定
なお、今回は時間帯を午前中と致します。

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:広瀬克之

当支部主催のセミナーの情報です。

セミナー名:「システム監査体験セミナー(入門編)」
開催日時 :2013年 6月22日(土)10:00 ~ 17:00
開催場所 :常翔学園大阪センター
申込締切 :2013年 6月 9日(日)

お申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/kansa_nyumon20130622.html

○支部創設25周年記念研究大会情報:是松徹(実行委員長)

近畿支部の創設25周年を記念し、7月6日(土)に「システム監査
の新領域への対応」をテーマとした研究大会を開催します。支部
会員の活動成果や研究成果を報告し、参加者で議論をしたいと考
えますので多数の参加をお待ちしています。詳細は下記をご覧下
さい。

http://www.saajk.org/?page_id=1725

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】

3月開催分の報告を掲載しました。

・ 3月支部定例研究会報告 小河裕一氏
→ http://www.saajk.org/?p=1789

【研究論文/他】

発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「マネジメントシステム規格の統合的な利用と効果的な認証審
査」
吉谷尚雄氏

→ http://www.saajk.org/?cat=76

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部メルマガアーカイブ公開:下田あずさ

メルマガのアーカイブを、一挙掲載しました。
第 1号からの過去発行分を、まとめて読むことが出来ます。
今後は発行と同時にサイト掲載を予定しています。

→ http://www.saajk.org/?cat=8

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○各種メーリングリストの登録アドレス変更手順に関して:神尾博

本部(*****@mail.saaj.or.jp)、近畿支部(*****@saaj.or.
jp)、近畿支部役員会等(*****@saajk.org )の各メーリングリ
ストの登録アドレスの変更手順を近畿支部サイトに掲載しました。

→ http://www.saajk.org/?p=1633

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

新年度も始まってからひと月が経ち、あっという間に(?!)ゴー
ルデンウィークも終わりましたね。ゴールデンウィーク期間中は、
業務だった方もいらっしゃれば、リフレッシュの時間に充てられた
方もいらっしゃるかと思います。それぞれ有意義な時を過ごされた
でしょうか?

春から初夏にかけては、いろいろ新たな芽吹きも感じられて、ワク
ワクする季節ですね。新年度、新環境、新メンバー、などなど。。
飛び込む側も受け入れる側も、ドキドキだと思います。それが少し
慣れてきて、ちょっとホッとする頃、 5月は疲れも出たりする時期
です。

「疲れたな」と思ったら休む。自分自身からのサインを見逃さず、
むしろ前倒しで「ゆるめる」。それが結果的に、良い循環を生むの
ではないでしょうか。

無理せず長い目で、続けられることを目指す。ほそぼそであっても。
2011年 8月に開催された研究大会のテーマ『サスティナブル社会に
貢献するシステム監査の実現を目指して』にも通じる、と感じます。

変化が多くて状況も複雑な時代ですが、姿形は変わりつつも『サス
ティナブル、すなわち持続可能であること』は大切なのではないか。
私自身の人生のテーマにもなりつつある、今日この頃です。(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: *****@saak.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 4号

┌ 発行日:2013年03月06日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「3.11を風化させてはならない」
・トピック……………… 最新のSAAJ近畿支部トピック
・特集…………………… SAAJ本部会報 掲載記事より
・お知らせ……………… 年会費納入のお願い/他
・編集後記……………… 新年号クイズの答え、発表!

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「3.11を風化させてはならない」:荒町弘

日本システム監査人協会近畿支部副支部長の荒町です。
2013年 3月11日をむかえるにあたり、東日本大震災により被害を受
けられた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地域の
早期復興をお祈り申し上げます。

2011年 3月11日、私は出張先である福井のホテルで資料作成をして
いました。午後 3時前、緩やかな揺れが次第に大きな横揺れとなり
暫く続き、ホテルの 7階では、震度2 の揺れですら相当に大きく感
じました。

震度6から7の揺れに襲われた東北地方の状況は想像を絶するもので
あったに違いありません。そしてTV画面を通じて垣間見た自然の恐
ろしき力。この時ほど、自然の力の前では全てのものが無力である
ということを感じたこともありませんでした。そして、東日本大震
災は我々に多くの教訓を残しました。

畑村洋太郎氏の著書『「想定外」を想定せよ!』では、失敗の記憶
消滅には法則性があり、「 3日で飽きて、 3カ月で冷めて、 3年で
忘れる」と言われています。これはあくまで大災害は発生頻度が低
く、また、発生の間隔が長いため、災害の記憶が社会から消えてし
まうという前提条件から言われていました。

自然災害の恐ろしさ、3.11が残した爪痕・・・、東日本大震災から
2年経った今でも頻繁に地震は発生しており、決して忘れてしまう
ということは無く、風化することも無いと考えます。

被災地域の状況を知るうえで参考になるサイトに「東北大学研究者
による復興写真マップ」があります。下記 URLから参照可能です。
→ http://support311.geocloud.jp/gis/

近畿支部では研究会活動として BCP研究会を2012年 2月に発足し、
おもに中小企業におけるIT-BCPについての研究や企業の BCP策定支
援等に取り組んでおり、これらの活動を通じて微力ながら社会貢献
できればと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
3月15日(金)第 139回 定例研究会(ご案内済み)

4月20日(土)第 36回 システム監査勉強会(準備中)
本部月例研究会 第 178回と第 179回の DVDを視聴予定

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○支部創設25周年記念研究大会情報:林裕正

2013年 7月 6日(土)に、「システム監査の新領域への対応」を
統一テーマに開催予定です。予稿集の編集等を手伝って頂ける実
行委員を募集します。詳細は、この近畿支部メーリングリストの
[saajk:00054] を参照ください。

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【会員紹介】

第 4回の記事を掲載しました。

・会員紹介記事 Vol. 004 福本洋一氏
→ http://www.saajk.org/?p=1444

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】

12月、1月開催分の報告を掲載しました。

・12月支部定例研究会( ISACA大阪支部との合同開催)報告
小河裕一氏
→ http://www.saajk.org/?p=1522

・ 1月支部定例研究会報告 中田和男氏
→ http://www.saajk.org/?p=1550

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の時事論評「サイバー侍ジャパン」
が本部会報に掲載

歴史は繰り返す、賢者は歴史から学ぶ。平成と江戸の世を比較し、
セキュリティのあり方を論じた神尾氏。漫画やドラマ、映画で最
近話題の『大奥』(男女逆転という設定の江戸時代の物語)にも
通じるものを感じる。視点を変えつつ、貪欲に吸収する侍魂が不
可欠ではないだろうか!以上、IT女武芸者のコメントであります。
(下田あずさ)

詳しくはこちらへ!(2013年03月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201303SAAJKaihoNr144.pdf

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ年会費納入のお願い:是松徹

すでに本年度(2013年 1月~12月)の請求書が手元に届いていると
思いますが、早めに納入をお願いします。 6月末までの合計振込
金額により、各支部への配分が決定されますのでご協力ください。

○ITサービスG メンバを追加募集します!:永田淳次

サイトやメーリングリスト等の運用を手伝って頂ける方を、数名
募集します。システム運用の理解なくして、運用部門のシステム
監査、品質監査、IT全般統制監査を語るべからず!あなたの知識
を補完する絶好の機会です。
ご関心のある方は【*****@saajk.org】まで!

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

前号(第 3号)で予告しておりました、巻頭言のクイズの答をお知
らせします!実は前々号(第 2号)から、「メールの件名」にその
謎はひそかに込められておりました。・・件名を並べてみましょう。

○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.002(2012/11)- ○○●○
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.003(2013/01)- ○○●●
○○○○【SAAJKメルマガ】-Vol.004(2013/03)- ○●○○

・・串団子が並んでいるのが見えますね?この白と黒の団子、 0/1
に見えてきませんか?見えてきますよね?さすがはSAAJ会員の皆様!

前号の巻頭言で「TIの16進電卓」の話題が出ていたように、多かれ
少なかれ懐かしさを感じてくださる方がいらっしゃるのではないで
しょうか。やはりコンピュータの基本は、「0」と「1」の世界です
よね。というわけで、正解は「号数の二進数表記」でした!(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: *****@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 3号

┌ 発行日:2013年01月09日 発行者:SAAJ近畿支部 ITサービスG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言………………… 「TIの16進電卓」
・トピック……………… 最新のSAAJ近畿支部トピック
・特集…………………… SAAJ本部会報 掲載記事より
・お知らせ……………… 「ITサービス管理基本方針」の策定
・編集後記……………… 新年を迎えて

■ 巻 頭 言   ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「TIの16進電卓」:林裕正

日本システム監査人協会近畿支部の支部長の林です。新年明けまし
ておめでとうございます。昨年は会員の皆様のご協力により、ほぼ
計画通りの活動実績をあげることができました。改めてお礼を申し
上げますと共に、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて本年は、近畿支部創設25周年という記念の年となります。そこ
で夏頃に、記念の研究大会の開催を計画しています。別途、メール
で会員の皆様にはお知らせしますので、よろしくお願い致します。

個人的な話になりますが、私がシステム監査技術者試験を受験した
のは、試験制度が出来て 2年目の昭和62年秋でした。合格証は昭和
63年 1月の日付で届いています。振り返ってみますと、当時は地方
銀行担当のSEであり、汎用コンピュータ上で動作する基幹系システ
ムの保守を担当していました。システムが異常終了すると、ダンプ
リストと言うメモリ情報を印刷したリストを見て、異常箇所を特定
し原因を調べることが重要な仕事の一つでした。

メモリのアドレス計算は16進演算となるため、職場にはTI(テキサ
ス・インスツルメンツ社)製の16進電卓(0~9に加えA~Fまでのキ
ーがある)がありました。今ではもうTIもそんな電卓は作っていな
いと思いますし、今のSEは16進演算をすることもないでしょう。し
かし、今も当時と変わらないことは、コンピュータの基本が「 0」
と「 1」の世界であることでしょう。

実はこのメルマガにも、これに関する遊びを仕掛けています。新年
のクイズとして、どこにその仕掛けがあるのか探してみてください。
それでは、今年も近畿支部の活動をこのメルマガでいろいろご紹介
致しますので、ご期待ください。

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
1月18日(金)第 138回 定例研究会(ご案内済み)
(定例研究会の前に近畿支部の支部総会を開催します)

2月16日(土)第 35回 システム監査勉強会(準備中)

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー報告:広瀬克之

2012年11月17日(土)に当支部主催の「事例に学ぶシステム監査
の基本と応用セミナー」が開催されました。

→ http://www.saajk.org/?p=1414

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

【定例研究会報告】
隔月開催の支部定例研究会の報告について、掲載しております!

JIS Q 20000-1とITSMSについて小山俊一氏が講演されました。
ITサービスに係わる人は必見です!

・11月支部定例研究会報告 小宮弘信氏
→ http://www.saajk.org/?p=1406

【研究論文/他】
発表者に許諾をいただいた近畿支部会員の研究論文、研究成果、
活動報告などを収録しています。新規掲載分は下記です。

・「BCP 研究会報告(ITを中心とする BCP策定支援の実践)」
荒町弘氏

・「近畿支部サイトWG活動報告」 ※サイトWGは発表当時の名称
金子力造氏

→ http://www.saajk.org/?cat=76

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の時事論評、「リバースクラウド化
する世界」が本部会報に掲載

「一つの怪物がヨーロッパを徘徊している」で始まる有名な著作
がある。神尾氏の論評を読んで、まずこの言葉が浮かんだ。今や
「ITと電力」もまた世界を左右する一大潮流とならんとしている。

氏は 5人の実在の人物を登場させ、自説をわかりやすく語らせる。
福島の惨劇と今なお向かい合う我々にとって、「ITと電力」はい
ち早く克服すべき課題と再認識させられる。是非、多くの方に読
んでもらいたい作品である。(吉田博一)

詳しくはこちらへ!(2012年12月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201212SAAJKaihoNr141.pdf

■ お 知 ら せ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○「ITサービス管理基本方針」の策定:永田淳次

ITサービスの有効活用だけでなく、情報資産の適切な管理を実践
していくことも重要な責務であると考え、近畿支部では「ITサー
ビス管理基本方針」を策定しました。

適用範囲は、サイトやメーリングリスト等の近畿支部会員向サー
ビスです。また内容は、情報セキュリティに関する基本的な考え
方や役割が中心になっています。

http://www.saajk.org/?page_id=1426

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

また新たな年を迎えました。年末年始の祝日も終わりましたね。
過ぎ去りし年について振り返るとともに、今年の抱負を確認できた
でしょうか。

良いことも悪いことも波のようにあるのが人生の妙、(と素直に思
えたら身も心も楽になるのですが・・苦笑)、何があっても悠々と
構えられる、そんな余裕を持ちたいなぁと改めて思う、今日この頃
です。

まだまだまっさらな一年の始まりです。それぞれのフィールドで、
いろいろなチャレンジを続けられるといいですね。
本年も、SAAJ近畿支部の諸活動ならびに SAAJKメルマガをよろしく
お願いいたします。(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!
(巻頭言のクイズの答も、次号でお知らせしますのでお楽しみに♪)

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会近畿支部 ITサービスG
(※サイトWGは、本年度から「ITサービスG 」に改称しました)

Mail: *****@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 第 2号

┌  発行日:2012年11月01日  発行者:SAAJ近畿支部サイトWG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・巻頭言…………………… 「あんた誰やねん?」
・トピック………………… 最新のSAAJ近畿支部トピック
・特集……………………… SAAJ本部会報 掲載記事より
・編集後記………………… ○○の秋!

■ 巻頭言     ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「あんた誰やねん?」:下田あずさ

SAAJKメルマガ第2号の発刊を迎えることが出来ました。改めまして
こんにちは、本メルマガの編集長に任命いただきました下田あずさ
と申します。創刊号から、「あんた誰やねん?」とお思いの方も多
いかと思いますので、簡単に自己紹介をいたします。

7月20日の定例研究会へ参加した際の「メルマガを発刊するから雛
型案を考えてほしい」とのお言葉から始まり、下田が案を作成した
のが 8月、その後、サイトWGのML内でよってたかって雛型のブラッ
シュアップが行われ、あれよあれよと1~2週間で形が出来上がりま
した。これぞアジャイル開発!そして気付いたら「下田さん、編集
長よろしく」とのお言葉により就任したのがワタクシです。

私とSAAJ近畿支部サイトWGとの出会いは、2011年 8月に開催された
研究大会「サスティナブル社会に貢献するシステム監査の実現を目
指して」においてでした。座長として「近畿支部サイトWG活動報告」
の発表の壇上に子連れで立ち、「これもサスティナブル活動の一歩」
と捉えて下さる皆様の温かな視線に助けられました。本当にありが
とうございます。

また毎月の定例研究会等にも子連れで参加することも多く、何かと
お騒がせして申し訳ありません。今後、多様化する社会に対応する
為にも、多様な人材の集まりとなるよう、SAAJK およびSAAJの諸活
動の活性化を祈念しております。メルマガがその一助となれば幸い
です。今後ともよろしくお願いします。

研究大会の報告について、会報にも写真つきで掲載されています。
詳しくは下記のP.19へ!(2011年11月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201111SAAJKaihoNr129.pdf

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○定例研究会・勉強会情報:林裕正

・今後の予定は次の通りとなっています。
11月16日(金)第 136回 定例研究会(ご案内済み)
12月15日(土)第 137回 定例研究会(準備中)
(12月度は ISACA大阪支部との合同開催です)

詳しくは本部サイトへ!
→ http://www.saaj.or.jp/kenkyu/index.html

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

○セミナー情報:広瀬克之

当支部主催のセミナーの情報です。

セミナー名:「事例に学ぶシステム監査の基本と応用セミナー」
開催日時 :2012年11月17日(土)13:00 ~ 17:00
開催場所 :常翔学園大阪センター
申込締切 :2012年11月09日(金)ですのでお早めに!

お申込はこちらへ!
→ http://www.saaj.or.jp/shibu/kinki/jirei20121117.html

○近畿支部サイト更新情報:金子力造

会員紹介:第 1回 & 第 2回 に続き、第 3回の記事を掲載し
ています!

今回取材の荒町氏からは、システム監査とのかかわりや公共分野
におけるクラウドサービスの展望、 BCPへの取り組みなど、熱く
語っていただきました。

・会員紹介記事 Vol. 003 荒町弘氏
→ http://www.saajk.org/?p=1289

・会員紹介記事 Vol. 002 安本哲之助氏
→ http://www.saajk.org/?p=1025

・会員紹介記事 Vol. 001 木村安寿氏
→ http://www.saajk.org/?p=852

隔月開催の支部定例研究会の報告についても、それぞれ掲載して
おります!

・ 5月支部定例研究会報告 林裕正氏
→ http://www.saajk.org/?p=1338

・ 7月支部定例研究会報告 山中修治氏
→ http://www.saajk.org/?p=1349

・ 9月支部定例研究会報告 荒町弘氏
→ http://www.saajk.org/?p=1357

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の神尾博氏の時事論評「クラウドサービス業者
・大規模データ消失事件に見る5階層の視点」が本部会報に掲載

システム監査人にとって他人事ではないテーマです。氏の大胆な
切り口に感服しました。また法制化やサイト運用といった、近畿
支部の活動もさりげなく触れられていて、楽しめます。(林裕正)

詳しくはこちらへ!(2012年 9月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201209SAAJKaihoNr138.pdf

○SAAJ近畿支部会員の吉谷尚雄氏の「マネジメントシステム規格の
動向」が本部会報に掲載

各種マネジメントシステムの審査を手がける氏ならではの知見が
伺える内容です。とかく形骸化が言われるマネジメントシステム
ですが、その有効性向上が期待できる最新動向です。(是松徹)

詳しくはこちらへ!(2012年10月号の会報 PDFが開きます)
→ http://www.saaj.or.jp/members/201210SAAJKaihoNr139.pdf

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・いろんな秋がやってまいり
ましたね。夏の暑さから一転、何をするにも気持ちのいい気候です。
金木犀の香りなども漂い、五感が喜ぶ季節だなぁと感じます。

そんな秋、新たなことにチャレンジするのも良いですよね。私は最
近、ゴスペルを始めました。歌うと身も心もスッキリして、とても
いい気分転換になります♪そしてお腹もすく、食欲の秋・・(笑)

皆様もいろいろな秋の過ごし方をお楽しみくださいませ。
急に寒くなる季節でもありますので、インフルエンザ等、くれぐれ
もご注意を!(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年09月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 システム監査人協会近畿支部 支部サイトWG
Mail: *****@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  SAAJ近畿支部 メールマガジン 創刊第 1号

┌  発行日:2012年9月19日  発行者:SAAJ近畿支部サイトWG
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、近畿支部メーリングリストへ登録して頂いている
方へお送りしています。この場をお借りしまして、ご登録いただき
ましたことを厚く御礼申し上げます。

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・創刊に向けて…………… ご挨拶
・トピック………………… 最新のSAAJ近畿支部トピック
・特集……………………… 「システム監査の法制化の必要性」
・編集後記………………… 秋の風になってきましたね

■ 創刊に向けて  ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
情報システムは社会資本としての役割を担うほど社会に浸透、普及
し必要不可欠なものとなっています。それを監査するシステム監査
活動への期待も大きくなっており、皆様の活躍が期待されています。
近畿支部サイトWGでは、皆様のご活動の一助になればと思い、会員
皆様間の豊かなコミュニケーション環境を実現すべく、SAAJ近畿支
部メールマガジンを開設いたしました。
Webサイトだけでなく、情報源としてのご利用、また情報発信の道
具として、本メールマガジンをご活用していただければ幸いです。
また近畿支部サイトWGは、 Webサイトや本メールマガジン等の運用
の活動を行っています。サイトWGの活動で、技術、知識の拡充や運
用ノウハウの取得、経験を積む等のメリットもあります。
皆様の参加のほどお願い申し上げます。(永田淳次)

■ ト ピ ッ ク ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○ニュース:SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏が、衆議院公聴会で
「システム監査の法制化の必要性」に言及
http://www.saajk.org/?cat=112
→ 本号のメルマガ特集記事でも取り上げています!

○定例研究会・勉強会情報:

・定例研究会は、会員を中心とした講師によりシステム監査に関係
するテーマについて講演頂く形式を取っています。
原則、奇数月の第 3金曜日の18時半から開催しています。

・システム監査勉強会は、システム監査人協会本部の月例研究会の
内容を録画したDVD を視聴する形式を取っています。
原則、12月を除く偶数月の第 3土曜日の午後に開催しています。

・12月は ISACA大阪支部殿と共同で特別講演会を開催しています。

・今後の予定は次の通りとなっています。
9月21日(金)第 135回 定例研究会(ご案内済み)
10月20日(土)第 34回 システム監査勉強会
11月16日(金)第 136回 定例研究会

詳しくはこちらへ!
→ http://www.saajk.org/?cat=4

○セミナー情報:

当支部主催のセミナーの情報です。申込みの準備が整いましたら
支部会員向けメールにてお知らせ致します。
セミナー名:「事例に学ぶシステム監査の基本と応用セミナー」
開催日時 :2012年11月17日(土)13:00 ~ 17:00
開催場所 :常翔学園大阪センター

○会員紹介:第 1回 & 第 2回 の記事を掲載しています!

会員紹介記事 Vol. 001 木村安寿様
→ http://www.saajk.org/?p=852

会員紹介記事 Vol. 002 安本哲之助様
→ http://www.saajk.org/?p=1025

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○SAAJ近畿支部会員の田淵隆明氏が衆議院公聴会で「システム監査
の法制化の必要性」に言及

2012年 6月13日に、SAAJ会員の田淵隆明氏が、衆議院の「社会保
障と税の一体改革に関する特別委員会」の公聴会の口述人として
意見を述べられ、その模様は全国ネットでテレビ中継されました。
冒頭では「システム監査の法制化の必要性」について言及されて
います。

・参考資料・・・「弱者に優しい消費税 4」(公聴会資料より)
※P.51~「§補足B. システム監査の観点から見た景気対策・
雇用対策の具体例」の中でシステム監査について言及されて
います。

詳しくはこちらへ!
→ http://www.saajk.org/?p=1071

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

まだ夏の日差しも残るものの、秋の風も感じるようになりました。
連日のオリンピック報道に睡眠不足の日々もつかのま、パラリンピ
ックも閉会式を迎えましたね。
四年に一度の舞台に臨むアスリートの姿からは、暑さもふっとばす
ようなパワーもたっぷり頂いている気分になりました。
そして夏から秋へと、刻々と変化する日々。季節の変わり目は体調
を崩しやすい時期でもあります。みなさま、ご自愛くださいませ。
(あ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の「SAAJ近畿支部メルマガ」も宜しくお願いします!

【SAAJ近畿支部メルマガ】
発 行 日:不定期発行
発行開始日:2012年 9月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://www.saajk.org/?page_id=115

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
【発行元】

特定非営利活動法人 システム監査人協会近畿支部 支部サイトWG
Mail: *****@saajk.org
HP: http://www.saajk.org/

発行責任者:永田淳次、編集責任者:下田あずさ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
======================================================================
Copyright (c) Saajk. All Rights Reserved.