1)支部紹介

日本システム監査人協会 近畿支部は、システム監査の普及と、システム監査人の育成、認定、監査技法の維持・向上をはかり、よって、健全な情報化社会の発展に寄与することを目的として、おもに近畿地区を中心に活動を行っています。

特定非営利活動法人として、社会教育の推進を図る活動や国際協力の活動、また、そういった活動を行う団体の運営や活動に関する連絡、助言、援助の活動を行っています。

具体的な項目としては、以下のような活動を行っています。

  1. ・システム監査に関する啓発・広報活動
  2. ・システム監査の事例・技法等に関する調査・研究
  3. ・システム監査に関する研究会・講習会の開催と援助
  4. ・システム監査人の養成及び継続育成教育
  5. ・システム監査人の認定制度の運営
  6. ・システム監査人行動基準・倫理規定の策定と維持

また、特定非営利活動法人 日本システム監査人協会としての目的を達成するために必要な活動を行っています。

※協会の事業概要については、こちらをご参照下さい。

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 近畿支部
支部長  林 裕正

本法人は、前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

(1) 社会教育の推進を図る活動
(2) 国際協力の活動
(3) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(事業の種類)
第5条 本法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。

(1) システム監査に関する啓発・広報活動
(2) システム監査の事例・技法等に関する調査・研究
(3) システム監査に関する研究会・講習会の開催と援助
(4) システム監査人の養成及び継続育成教育
(5) システム監査人の認定制度の運営
(6) システム監査人行動基準・倫理規定の策定と維持
(7) その他、本法人の目的を達成するために必要な事項

昭和62年(1987年)大阪、第一回情報処理システム監査技術者試験の合格者を中心に「システム監査の研鑽と啓蒙」を目的とした、熱い思いを持った二十人ほどの集まりこそが「日本システム監査人協会近畿支部」の始まりです。
現在は二百人近くのメンバーを有する組織として発展して、研究会、セミナー、システム監査サービス等々の活動も多岐に亘り充実しています。設立当初はHPも電子メールもなく研究会も会員の会社の会議室を借用して行うような状況でした。現在の活動状況から鑑みると隔世の感がありますが、毎月行われている勉強会、定例研究会、その後の深夜に及ぶ懇親会は一度も絶えることなく続けられており、設立当初の近畿支部メンバーの熱い思いは脈々と受け継がれているとのではないでしょうか。

白井 謙次

※協会の設立経緯については、こちらをご参照下さい。


◇1987年・・・近畿会創立

◇1997年・・・近畿会メーリングリスト開設
※時期は推定です。ご存知の方は情報提供をお願いします。

◇1998年・・・近畿会10周年記念シンポジウム開催
※記念イベントのほか「電子メール川柳集」を発刊

◇2008年・・・近畿支部20周年記念シンポジウム開催
※記念イベントのほか「20周年記念シンポジウム記念誌」を発刊

◇2009年・・・近畿支部サイト開設

◇2011年・・・近畿支部研究大会開催
※記念イベントのほか「研究大会予稿集」を発刊

◇2012年・・・「近畿支部メールマガジン」創刊

◇2013年・・・近畿支部25周年記念研究大会開催
※記念イベントのほか「25周年記念研究大会記念誌」を発刊

 

senryu

20sympobooks

kineshi_topm